ニートの試行錯誤

*

福岡のネコの島『相島』へ釣りに行く!予想外の事態が起こりまくった濃い一日だった・・・

   

友人と福岡の『相島』や『新宮漁港』に釣りに行ってきました!

濃い・・・1日でしたね・・・。

スポンサーリンク

今回の釣り場情報(相島、新宮漁港)

いつも通りの早朝出発、からの漁港へ

6時弱に福岡空港近くの友達の家に間に合うように、出発は朝の4時半。

下道をひたすら走り、6時20分になんとか到着して友人を拾います。

今回の目的地は、『相島』

福岡市内からも近く、フェリーで簡単にわたることができる島です。

7時過ぎにフェリー乗り場のある新宮漁港に着くとすでに釣り人の姿が

フェリーの出航時間は7時50分。

早めに着いたらここでも釣ろうとも思ってましたが、時間に余裕もなく風が超冷たいので却下。

フェリー乗り場で伝えられたまさかの情報

暖かさをもとめてフェリーの待合室に行くと、そこにはニャンコが。

他にも2,3匹おり、「寒いししょうがないよな・・・」なんて思ってた所にチケットの係員さんから

「風強いから、午後の最初の便以降は島から出航できないかも」

と言われました。

昼過ぎまで釣って、島で何か食べて帰ろうと思っていた俺達は急遽作戦会議。

予報では明日も風が強いらしいので、要するに今日島から出れなかったら明日も出れないということ。

俺はまだ良いとして明後日に仕事を控えた友達は帰れないのはまずいということで、とりあえず午後一の14時の便で帰ることに決定。

釣り客の中にはこの情報を聞いて諦めて帰る人も。そりゃ帰れないかもしれないならなあ・・・。

少し命の危険を感じるほどのヤバイ揺れ

出航時刻の10分前くらいからフェリーに乗船開始。

「どうせならもっとゆっくり釣りたかったよなー」なんて話してる内にフェリーが出航。

で、防波堤に守られた港を出た瞬間。

「あ、こりゃ確かに欠航するわ」と思うほど上下に動く船。

最大で1mは上下するような揺れが続き、船に思いっきり波がぶち当たって船が軋む音まで聞こえてくる。

正直いって少し命の危険を感じるほどで、友人もこれはまずいと思ったのか

「とんぼ返りもありかもしれん・・・」

なんて言う始末。

『島についた時、もう一度船員さんに予想を聞いて判断する』ということにして、到着するまでひたすら波に耐え続けるw

島が風を遮るのか島に近づくにつれ波はおさまってきて、8時10分ごろに無事到着。

降りるときに船員さんに予想を聞いてみると「やっぱり午後の便は厳しそう」とのこと。

ここで、もったいないけど10時50分の島発の便で帰ることを決意!

ネコに囲まれ一投目からまさかの・・・

そうと決まれば時間を有効に使うために、まずフェリー乗り場すぐ横の堤防の突端へ。

しかし、周りを見渡してみるとやけに猫が多い

というのも、相島はネコの島としても有名で、それ目的で観光に来る人の方が多いくらい。

というわけで、道具を準備している最中にも猫が集まってくるw

適当にネコとじゃれつつささっと準備を済ませて、まずは胴付き仕掛けで一投。

すると、入れてすぐにアタリがきて、カワハギっぽいのが釣れましたw

「これは今日釣れるぞ!」

と思ったものの、その後あたりはあっても針になかなかのらず。

ネコの島をいろんな意味で痛感

そうやって二人して釣っていると、さらにたくさんの猫たちが集まってきました。

「さすが猫の島・・・」なんて思ってたら、友人が

「なんか一匹お前の荷物袋のそばでプルプルしてんぞ!ウ〇コじゃね?」

と言われ、すかさずそのネコを袋から追い払う!

袋を見るとウ〇コはされていないようで一安心

と思っていたら、友人に「小の方されてね?」といわれてよーく袋を見ると一滴だけそれっぽい水滴が。

「ああ、本当にギリギリで追っ払えたんだな…」

と再度安心したところで袋の横にあったリュックを見てみると、

思いっきり『小の方』の跡がwww

さっきの一滴は飛び散ってただけかよwww

ここで思わず友人も爆笑www

「ま、まあアンモニア臭がしても仕方ない…」と思って臭いを嗅ぐと

思わず顔をしかめるくらい酸っぱい!

全然アンモニア臭じゃねえ!!

友達にも嗅がせると、『デブが運動した後に汗を放置した臭い』っていわれてちょっと納得。

なんで動く荷物にマーキングするんだ・・・リュックはお前の縄張りじゃないんだぞ・・・

放尿する猫もいるし、他の場所でも釣ってみたかったのでここで場所移動。

もちろんリュックも持って行く必要があるんですが、背負っていてもすっぱい臭いが鼻につく・・・臭い・・・つらい・・・。

と思いながら、歩いて数分の逆サイドの堤防へ。

こちらもすぐにネコが寄ってくるw

すると、臭いを感じ取ったのかリュックをクンクン

すかさず、「くっさ!!!」って感じで顔をしかめて口開けてるのは笑いましたw

リュックをクンクンしてたネコみんながそんな顔してたんで、相当臭いんでしょうね・・・w

釣りの方は、こちらもアタリはあるもののなかなか針にはのらず・・・。

投げやサビキ、アジングなど色々試しましたが思うように釣果もあがらず。

俺は一匹だけちっさいベラ(キュウセン)が釣れました(この後ネコにもっていかれた)。

そんなことをしている間に10時50分のフェリーの時間に。

釣り足りない分は新宮漁港で釣ることにして、チケット売り場で帰りの券を買います。

一応、チケット売り場の人に「船出ますかね?」と聞くと、「余裕余裕!今から福岡のほうに遊びに行く人もいるから。予報って結構外れるよね~」とのことw

「てことはもう少し釣れない事もない・・・?」

とは思いましたが、帰れなくなるのが一番まずいので大人しく10時50分発のフェリーに乗って帰ります。

実際、風が少しおさまったのか出発時よりも波はおだやか(といっても荒れてるけど)で命の危険を感じるほどではなかったですw

新宮漁港で釣り再開。しかし・・・

新宮漁港に戻ったら、まずフェリー乗り場の東側にある堤防の突端へ。

・・・行ったのはいいんですが風が強い!!!

そのおかげでアホみたいに寒い!!!

投げと落とし込みをしましたが、釣れる気配もないしとにかく寒いので早々と退散。

次は、西側の大きな堤防へ。

こちらは、風も防げて非常に釣りやすかったです。

・・・が、目前にサヨリの群が見えるものの釣れず、突端の方でアジを釣っていたのでこちらでも釣れるかと思ったら釣れず、放置していた投げ釣りの竿もほぼ反応せず。

なにより、お互いに睡眠不足と疲れで気力が尽き始めていたので、14時過ぎに漁港から退散しました。

蕎麦で温まってリベンジを誓う

その後は車で10分ほどの『生そば あずま 香椎浜店』で遅い昼飯。

『揚げ蕎麦』はじめて食べました。

ベビースターみたいな食感にそばの風味と素朴な塩味でおいしい。

メインはかき揚げソバを頂く。

かき揚げがビッグでおいしいし、ソバも3玉までは無料なんで結局3玉分頂きましたw

休憩も兼ねて1時間ほど飯を食いつつ話をする中で、「明日は天草の樋合漁港にリベンジしにいく?」という話に。

今日がいまいちな結果だったこともあってとりあえず了承。

友人は一応奥さんに確認を取るらしく「22時頃に行けそうなら連絡する」とのこと。

話もまとまったので、友人を家に送って16時過ぎにお別れ。

俺は疲れた体に鞭をうちつつ、時には足がつりそうになりながらそこから約3時間走り続けるw

そして19時過ぎ、やっと家に到着しました。

家に帰ったあとは、「明日また釣りに行くから」と、オシッコをかけられたリュックを洗ったりブログの更新をしたりと2時間ほど頑張りましたががさすがに体力切れ。

一旦布団に入り、ふと目を覚ました23時頃、ラインを見てみると友人から

「今まで寝てたけど体力ない。釣り?無理!」

とメッセージが。

正直、俺も無理だったので天草行きは無し!

そのままぐっすり休みましたとさ。

 - 日常 , , , ,