ニートの試行錯誤

*

「『AppleCare+』つける?つけない?」お得になる時とそうでない時を考えてみた

   

auと契約していたガラケーの更新月になり、「iPhone5sを買い換えようかどうしようか・・・」と迷うことになりました。

というのも、この前iPhone5sがいきなり電源落ちて真っ暗になり、うんともすんとも言わなくなったので、「あ、これアブねえな」と不安を感じたからです(その後、いつの間にか復活しました)。

そこで、auのショップに行って軽く見積もりを取ってもらった際、気になったのが『AppleCare+』の存在。

月額600円は結構するので、果たしてこれをつけるべきか?つけないべきか?ちょっと考えてみました。

※以下、特に断らない限り『税抜』の価格です。

スポンサーリンク

通常の保証と『AppleCare+』の保障の内容

調べてみたところ、iPhoneにはただたんに買っただけでも一応保証が付いています。その内容がこちら。

  • 1年間のハードウェア製品限定保証
  • 90日間の無償電話サポート

限定保証は、「過失や事故による損傷ではない損傷」というところがポイント。要するに、『通常使用の範囲で使っていて、製品自体の問題が原因で壊れたなら保証するよ』ってことです。これは多分無料。

そして、AppleCare+に月額600円(初回1,000円の24回払い、総額14,800円)払って加入すると、これらの保証とサポートを2年間に延長でき、また過失や事故による損傷も対応してくれる(最大2回まで)ということになります。

保証の内容について、簡単に比較した表がこちらです。

  限定保証 AppleCare+
製品自体の問題 1年 2年
電話サポート 3ヶ月(90日) 2年
過失・事故対応 なし 2年(最大2回まで)

具体的にどんなときにお得になるのか?

では、実際に具体的な例を考えて、どういったときにAppleCare+がお得になるのかをみてみましょう。

が、その前に、Appleのサイト等に掲示してある故障時の各料金(iPhone7の例)を表にまとめてみます

  AppleCare+ AppleCare+なし
保証料金 14,800 0
画面損傷 3,400 14,800
ホームボタン・カメラ損傷 11,800 35,800
バッテリー交換 0(限定保証時も含む) 8,800
その他、何かしらの損傷 11,800 35,800

※0円でのバッテリー交換は、最大バッテリー容量が元の80%以下になった時のみ

AppleCare無しだと修理代金は軒並み1万円を越えてますね・・・かなりかかるようです。

では、具体的な例を考え、それらを表にまとめたので見てみましょう。

※これらは全て2年間の内に自分の過失で損傷した場合で考えており、AppleCare+の料金は2年間の保証料金(14,800円)が含まれています。

  AppleCare+ なし
画面損傷(1回) 18,200 14,800
画面損傷(2回) 21,600 29,600
バッテリー交換(1回) 14,800 8,800
バッテリー交換(2回) 14,800 17,600
ホームボタンorカメラ損傷 26,600 35,800
画面損傷&バッテリー交換 18,200 23,600

この表から考えると、2年間のうちに2回画面を割ったり、2回バッテリーを交換したり、1度でもホームボタンやカメラを壊したり、1回画面を割って1回バッテリーをかえたりするならAppleCare+がお得!

そして、2年間のうちに1回画面を割ったり、1回バッテリーを変えたりするだけなら入らないほうがお得!ということになります。

自分の場合

これらの結果を元に、僕はどうしようかと考えました。

これまでiPhone5sを約3年間使ってきましたが、画面やホームボタン・カメラの損傷は1度もしたことがないですし、最大バッテリー容量もあるアプリで測定したところ元の84%でした。

電話サポートにいたっては使ったこともない・・・ということで、AppleCare+は加入しないことにしました!

まとめ

  • Apple製品には、1年間の限定保証(製品が原因の故障のみ)と90日間の無償電話サポートがついている
  • AppleCare+(14,800円)に加入すると保証・電話サポート期間が2年になり、自分の過失・事故の場合も保証対象になる(最大2回まで)
  • 2年間の間で、「画面損傷2回」or「バッテリー交換2回」or「ホームボタン・カメラ損傷1回」or「画面損傷1回・バッテリー交換1回」などを行う場合は『AppleCare+』がお得
  • 2年間の間で、「画面損傷1回」or「バッテリー交換1回」を行う場合は入らないほうがお得
  • AppleCare+の無償バッテリー交換は、バッテリー最大容量が元の80%以下になった場合のみ(参考までに、iPhone5sを約3年使った場合のバッテリー最大容量は元の84%)

初めてiPhone5sを買ったときにはとりあえずつけておいた『AppleCare+』でしたが、しっかり内容を見てみると個人的には必要のないものでしたw

仮にAppleCare+に入っていたとしても無償交換されるのはバッテリーくらいなので、安易に加入せず、自分の利用状況と照らし合わせて本当に必要なものなのかどうかを考えてみても良いかもしれませんね。

参考サイト

Apple 製品 1 年限定保証 –

iPhone 修理サービス料金 – Apple サポート

AC+ Japan –

AppleCare+ for iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus – Apple(日本)

iPhone の修理 – Apple サポート 公式サイト

 - HOWTO(ハウツー), 日常, 知識 ,