ニートの試行錯誤

*

日常の悩みに哲学者が答える!哲学への第一歩にも『その悩み、哲学者がすでに答えを出しています』

   

『哲学』というと自分から縁遠いもの、日常生活では必要ないものと感じる人が多いかもしれません。

自分も昔はそんな感じで、まったく触れたことがありませんでした。

そんな「哲学?よく分かんないやつね。」という感覚の人にオススメなのがこの本です。

スポンサーリンク

『日常の悩み×分かりやすい哲学』でとっつきやすい

この本のなかでは、

「忙しい。時間がない」「緊張してしまう」「人の目がきになる」「嫌いな上司がいる」・・・

などなど、日常の悩みに対して哲学者の意見を用いて回答しています。

日常の悩みへの対処が題材なので、

「そういった考え方もあるのか!」「同じ考え方の人もいたんだな。」

と、日常生活の為になること間違いなし!

さらに、『哲学者の意見を用いて』といっても非常に分かりやすく書いてあるので、「哲学は始めて」という人でも簡単に読めます。

この先、生きていくために必要な『哲学』の第一歩に

個人的に、数年前からずっと考えている事があります。

それは

「自分はこの先何のために生きていくのか?」

ということ。

生理的欲求が満たされ安全も確保された今の日本。

大なり小なり、生きていく中で誰もが一度は考えるんじゃないでしょうか?

答えがあるのかすら分からないこの悩みですが、そこで今まで多くの人が考え伝えてきた『哲学』が助けになることは間違いないです。

誰かの哲学がそのまま生きる目的になるかもしれないし、目的を見出すのに大きく役に立つかもしれない。

そんな『哲学』への第一歩として、とても読みやすいオススメの一冊です。

 - 哲学, 日常, 未分類,