ニートの試行錯誤

*

[東京タワー]ニートのお気楽東京旅行~1日目~[スカイツリー]

   

実は先日、東京に2泊3日の旅行に行って参りました。

東京といったら、熊本県民にとってはそう簡単に行けるところではありません。きっと多くの人が、高校の修学旅行で長野なんかでスキーをした後に、東京で1日自由時間!てな感じで東京を初体験することだろうと思います(偏見)。その後に旅行で行かないとすると、次は就職活動や学会などでしょうか?みんなばんばん行ってたなあ…(遠い目)

僕は学生時代、就職活動や学会などなんだかんだでスルーしてしまいましたし、私的な旅行にもいきませんでした。お金かかるしね!

そんな縁の薄い土地東京に、学生時代よりも更にお金のないニート時代になぜ行くことになったのか?何をしてきたのか?乞うご期待!

スポンサーリンク

出発まで

あるとき、親戚から一本の電話がかかってきました。要約すると、

親戚「1ヵ月後、東京に旅行に一緒に行かないか?」

とのこと。しかし、月々の娯楽費がせいぜいバイクのガソリン代くらい(3000円以下)のニートは、飛行機代・宿泊費なんてだせるわけがありません。

ぼく「金無いから行かない。」

と、素直に話したところ、

親戚「宿泊費と交通費出すから。」

ぼく「じゃあ行く(即答)。」

ということで行くことに。宿泊費と交通費出すって言われたら行っちゃいますよね。

1日目

東京到着まで(福岡空港~羽田空港)

まずは福岡空港まで高速バスで行くことに。電車と違って、高速バスは乗り換えの必要がないから楽ですよねー。

羽田空港行きの7:45の便ということで、福岡空港に着いたのは6時過ぎくらい。正直早く着きすぎましたが、田舎はバスの本数が少ないからしょうがない。

朝ごはんを食べていなかったので、空港内の風月というお店でモーニングカレー(1030円)を注文。気分はイチロー。

HukuokaAirport

仕事前のパイロットやCAの方もたくさん居て、多少肩身の狭さを感じながら完食。普通においしいカレーでした(適当)。

その後、親戚と合流し航空チケットをもらいました。そこで初めて今回の航空会社がJALと判明。「あ、これお金かかってるやつだ!」と若干動揺。お金を出してもらっていると、こういうときどうしたらいいのか分からない。

今回の持ち物はガレナパック30のみで、「これ手荷物で通るのか?預けたほうがいいのか?」と判断に迷い、若干どきどきしながら保安検査場にいきましたが簡単に通過。杞憂でした。

そういえば、飛行機に乗るにあたって個人的に心配な事が一つありました。それは、毎回航空性中耳炎になるということ。航空性中耳炎をご存知ない方に説明すると、飛行機に乗った際の鼓膜が押される感覚が地上に戻ってからもずっと残り、挙句の果てには激痛をともなってくるというものです。過去2回横浜までAnimaxMusixのLIVEを見に行ったときなんかは、一度は横浜の休日当番医を捜してまわり、一度はネカフェで1日痛みでうなされてましたからね…。

そんなこんなで心配していましたが、馬鹿みたいな回数の耳抜き(起きてる間ずっとやってた)、耳栓(イヤホン)でなんとか無事に到着。旅行中痛みでうなされずにすむと一安心。

東京到着後(マイクロバスで東京観光)

東京はあいにくの曇り空でしたが、今日はなんとマイクロバスで観光名所を移動するとのこと。さらに、今日まわる場所の観光料金などもすべてすでに支払い済みとのこと。雨が降っても大丈夫と安心すると同時に、「あ、これお金(ry。」と思いましたが、有名なはとバスよりは安いと言われたので、それならいいか(?)と無理やり納得。

ということで、最初は浅草寺に到着。人の多いこと多いこと…。田舎者にはきつい。

Asakusa4

観光する前に、まずはお腹が減ったのでバスの運転手さんにおすすめされたてんぷら屋三定さんへ。上天丼(1820円)を頂きました。

Asakusa5

三定さんには申し訳ないんですが、僕の口には合いませんでした。これで1820円はちょっと…といったところ。福岡のチェーン店、天ぷらひらおさんのほうが好みですね。天丼にしたのがいけなかったのかな?

食事代金はなんだかんだで払ってもらうことに。もうされるがまま。

昼飯を食べたら浅草観光へ。今の雷門って松下幸之助さんが建てたようなもんなんですね。さすがですわ。

Asakusa3

その奥にある宝蔵門も通り過ぎ…

Asakusa2

お寺ということで「これからもなんとか生きていけますように。」とお参り。我ながら切実なお願いですなあ。

その後は浅草文化観光センターの屋上から浅草を一望。東京スカイツリーと金色のう〇この2ショットも拝めます。

Asakusa1

その後はバスで皇居に移動。まずは楠木正成像を見学。

Kokyo3

この像はこちらから見るのが正しいそうで、理由は、「逆から見ると天皇陛下に背中(お尻)を見せることになってしまうから」とのこと。そういえば仏壇や神棚でも同じようなこと言いますよね。天皇=神様の考えからきてるんでしょうか。

でもやっぱりこっちからのほうがかっこいいですなあ。

Kokyo2

その後は皇居の近くまで行って、二重橋などを見学。

Kokyo1

東京のど真ん中にこんな自然の残る広大な土地があるのは、感慨深いものがありました。

その後はバスの中から国会議事堂や築地市場、日本橋などを見学。バスの運転手さんも色々な豆知識を披露してくださって、とても勉強になりました。首相官邸付近の道路封鎖用ゲートや、見張りにはちょっとびびった。

その後は東京と言えばここ、東京タワーに到着。

Tokyotower3

どうせだからと特別展望台までのぼり、東京を一望。雲の隙間から光が差したちょうどいいタイミングに出会いました。なんか出てきそうな感じ。

Tokyotower2

そういえば、特別展望台のトイレはすごいファンタジーでした。行かれた方は是非トイレにも注目。

ガラスの上にも乗ってみる。どことは言いませんけど縮こまりますねー。

Tokyotower1

ここで一旦荷物を置こうということで、向かった先は品川プリンスホテル

「あ、(ry。」と思いましたが、もうここまできたらとにかく考えないことにしました。笑って楽しんでおけばへーきへーき。

ということで荷物をおいて、東京スカイツリーへ向かいました。

Skytree5

こちらも特別展望台までのぼることに。東京の夜景は流石の一言。ただ、親戚と見るもんじゃないですね。

Skytree2

ちなみにトイレは普通のトイレ。スカイツリーさんこういうところ爪が甘いなあ。

Skytree4

ガラスの上にも乗ってみましたが、東京タワーほど縮こまり感はありませんでした。

Skytree1

ホテルに戻った後は、品川駅ビルの適当な店で夕食。ここでコースを頼んでしまいその量の多さと値段に激しく後悔。料金はもちろん親戚もち。やっぱり腹八分目が一番や…。

その後ホテルに戻り、シャワーを浴びて23時ごろに就寝。こうして東京一日目は終了しました。

 -