ニートの試行錯誤

*

九州から片道3日!3万3千円!!合計15泊17日, 3710kmの北海道ツーリング1日目!

      2018/11/23

バイク乗りなら1度は行きたい『北海道ツーリング』の初日!

『15泊17日,3710km』の旅の始まりです!

スポンサーリンク

九州から北海道までは、長距離フェリーを乗り継いで2泊3日!3万3千円!!

と、実際の旅の様子を見る前に、北海道上陸までの簡単な説明をしておきます。

九州から北海道まで自分のバイクで行く方法は2つあります。

  1. すべて自走(北海道・青森間はフェリー使用)
  2. 自走と長距離フェリーを組み合わせる

今回のように北海道ツーリングが目的の場合、1の方法では高速を使うことになります。

そうすると、『高速代・燃料代・宿泊費』などの出費は1、2の方法どちらもほぼ変わらず。

加えて、走りによる疲れを考えると、2の方法のほうが魅力的です。

ということで今回は、2の『自走と長距離フェリーを組み合わせる』方法で行くことに

実際の行程は↓の図通り。

1日目は、自宅からフェリーターミナルのある門司港まで自走。

夕方からフェリーで神戸に向かい、そのまま船の中で一泊。

2日目は、神戸からフェリーターミナルのある舞鶴周辺まで自走し、観光。

23時頃に舞鶴発のフェリーに乗り込み、翌日(3日目)の21時頃に北海道の小樽に着くという行程。

これだけで2泊3日、というより丸3日

フェリー代だけで3万3千円が飛ぶという、移動だけで旅が完結しそうな日数とお金ですw

ただ、自走で約2,000km。28時間走り続けるよりは楽だし、お金もかからないですよww

と、説明はこのくらいにして、初日の旅の様子を見ていきましょう。

余裕をもつはずが結局ギリギリ。入り混じる期待と不安

この日は、18時40分に門司港を出るフェリーに乗る予定。

なので

「18時前に着いておけばいい」→「12時ごろにでたら、ゆっくり観光でもしながら余裕もっていけるな」

と考えてたんですが、長旅のプレッシャーからか

「あれはいる・・・?いや容量圧迫するからいらない・・・?んー・・・迷う・・・」

と、道具の取捨選択に迷いに迷い、結局家をでたのは15時半

うん、いつも通り!

もちろん観光なんてしてる間もなく、高速を使いまっすぐフェリーターミナルに向かって17時50分に到着

結構ギリギリの時間なので、すぐに受付を済ませに行きます。

しかしここのフェリーターミナルは特徴のある外観ですよね・・・w

なんというかこう、中国っぽい

受付で乗船券を貰うと「あぁ、楽しみだけど、今から長いこと家に帰れなくなるのか・・・」期待と不安が入り混じります。

そこから10分ほど、今回乗るフェリー『やまと』の横で待機。

お得なセールのお知らせ

現在、Amazonで『サイバーマンデー』楽天で『楽天スーパーSALE』と呼ばれる年末セールが行われています。

通常価格から最大数十%割引されていたり、ポイントが最大数十倍ついたりと、とにかくお得なセールです。

普段欲しかった商品がある方は、セールが終わる『12月11日(火)の午前1時59分』までに買うことをオススメします!

Amazonの『サイバーマンデー』を見るにはこちらを押してください

楽天の『楽天スーパーSALE』を見るにはこちらを押してください

この日、他にフェリーに乗るライダーは4人ほど。

明らかに年齢が上でグループっぽいおっさん3人と、見送りの友達がいる若い兄ちゃんが1人。

「みんなどこまで行くのかなー」と思いつつ、特に喋りかけることもなく、18時頃に乗船開始です。

かなり快適な船内。ただし、夜景を見る時は気をつけよう!!!

バイクをとめて船内で必要な荷物を取り出したら、自分の部屋に向かいます。

今回とった部屋は2等指定B

ドア付のプライベート空間が保たれた1人部屋で、ちょっとした机やゴミ箱などもあって充分な設備です。

とりあえず、コンビニで買ってきた夕飯を食べます

船内の食事は少し高いからね、しょうがないね。

飯も食べてひと段落した18時40分過ぎ。

ついに船が出航!

これで九州とお別れし、明日の朝まで船の上。

といっても揺れも少ないし、地上とあまり変わらないんですけどねw

出航を確認した後は風呂(大浴場)に入ります。

ロッカーに船内用スリッパを入れるところがあるのはいいね!気が利いてる!

風呂の中も、海の景色を見ながら入れるんで気持ちいいです。

風呂上りには船内をブラブラ。

酒や飲み物、カップラーメンの自販もあり、値段もすこーし高いくらい。

飲料に限っては、むしろ売店のほうが高い。なぜだ・・・?

阪九フェリーはWifiもついてるんで助かりますね。

数十分で船内も探索し終わり、一休み。

多分、たいていの人は夜中に瀬戸内海沿岸の工業地帯や、瀬戸大橋などのキレイな夜景を見るんでしょう。

ただ、僕は以前、2月のクソ寒い露天風呂で、真っ裸に猛烈な風を浴びながら夜景を堪能したのでもう満足。

冬の船上の猛烈な寒風を、お湯で濡れた裸で受けるときの気持ちよさ寒さをみんな知らないでしょ?ちびるで?

風邪をひくのも嫌なんで、今後の長い旅に備えておとなしく眠りました。

夜景はデッキからも見れるので、温かい服装をして、持ち物が飛ばされないように気をつけて見よう!!!

本日のまとめ

  • 九州から北海道へは長距離フェリー乗り継ぎがオススメ
  • ただし、片道で2泊3日(ほぼ丸3日)、交通費だけで約3万3千円
  • 長旅の準備で迷って時間ギリギリ
  • 阪九フェリーの2等指定Bはかなり快適
  • 夜景を寒い時期に露天風呂で見るのはやめよう!

~北海道ツーリング1日目の全行程~

  • 総走行距離:137km
  • 使った金額:14,902円

日本三景『天橋立』で死にかけ、更に仲良くなったライダーにまさかの展開が襲い掛かる2日目はこちら!

↓関連記事↓

初心者でもできる!準備から実行まで!キャンプツーリングに関する総まとめ[バイク,ソロ]

5泊6日,1199km!四国キャンプツーリング総まとめ。各日の概要や走行距離、時間、見所などなど[2018]

4泊5日868km!南九州ツーリング総まとめ。時間あたりの走行距離や1日あたりの平均使用額は?[余裕が大事]

 - キャンプ, ツーリング, バイク, , , , ,