『話し疲れと繰り替えすリズムの乱れ』『保険メモ』[今日の雑記]

日記・雑記

話し疲れと繰り替えすリズムの乱れ

今日は保険の更新日ということで、1時間ほど他人と話し込んだ。

知り合いの人なんでどちらかというと気兼ねなく話せたけど、その後はいつも通り疲れて寝た。

最近のリズムの乱れでほぼ寝てなかったってのもあるけど、やっぱり疲れがたまるんだね話すのは・・・。

それと、まーーたリズムが乱れてきたのにはうんざりする。

良い感じだと思っていたら、日常からのちょっとのズレで大きく戻る。

かといって強制的に直せるほどの長期的な体力はない(それをするとなおさら悪くなる)。

イライラしたりうんざりしても何も解決しないのは分かるけど、こう何度も同じ事やってるとさすがに・・・。

「前に比べるとこの点が改善された」って少しでも改善点見つけて、やる気保っていくしかないかな。

現状の生活続けるなら問題ないけど、時間制限されるものが全然やれそうにないのが非常に厄介だから、どの時間帯でもいいからせめて固定させたい。

保険メモ

今回保険の更新をしていくなかで、いくつか疑問になっていた点が解消したのでそれらをメモ代わりに書いときます。

もしかしたら役に立つ人もいる・・・かも(会社は東京海上日動)。

自動車保険について

協定新価

協定新価は「その価格の半分以上の損害があれば新車と交換できる」というもの。新価が100万なら50万以上の損害で適用。

適用されるような事故は「車が1回転」、「時速50km/h以上でノーブレーキ追突」くらいから。

なので、協定新価が100万円で車両保険を50万以上つけるのはムダ(「今の車を修理して乗りたいんだ!」という人はムダじゃない)。

ただし、車両保険は一度下げると上げられないらしいので、そのあたりは悩みどころ。

ちなみに、協定新価自体は400円くらい。新車から5年までつけることができる。

1等級ダウン事故について

台風による傷やいたずらの傷にたいして保険適用すると、1等級ダウン事故の扱いになる。

※今まではノーカウント事故。つまり等級はダウンしなかった。

これによって、1年間は割引率が20%ほど下がる(20等級→事故の19等級になるから)ので、修繕にかかる費用と保険料金のアップどちらが得かを計算したほうがよい。

ちなみに、3等級ダウン事故は事故等級の期間が3年になるので、新しく保険契約しなおしたほうが結果得になることも・・・。

その他

  • レンタカー費用等特約はだいたい400円くらい
  • 他者補償?かなにかが自動付帯になったらしく、「他人(家族以外)の車を運転していた時、自分の車両保険を使う事ができる」らしい
  • 全損時諸費用も自動付帯になったらしい。全損時に補償額+だいたい10数万円

メディカルKitR(生命保険)について

解約返戻金は、3年払い込みしている状態で払い済み保険料の約5割。

要するに、今まで10万払ってたら解約で5万戻ってくる。

また、60になるまでに一度も保険を使わなかったら払い済み保険料が満額戻ってくるが、それまではいつやめても貰える額は約5割らしい(つまり、60近くになるにつれて返戻金の割合があがっていく・・・というわけではない)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました