ニートの試行錯誤

*

[石のかざぐるま]山鹿の『アレ』は動いていないか!?ふらっとツーリング行ってきた[鍋田横穴群]

   

山鹿1_4

春を通り越してだんだんと夏のような季候になってきました。バイクに一日乗っていると、同じ服装でも『寒い~暑い』までを体感できるお得な季候です。

そんな季候に誘われて、GW過ぎにふらーっとツーリングに行ってきました。

最初に向かったのは以前も行った『あの場所』です!

スポンサーリンク

さすが〇〇岩

家をでたのはお昼過ぎ。昼飯も食べて行ったので、本当にぷらーっとでかけた感じ。

あるバイトでも散々通った菊水IC近くの道から最初の目的地へと向かっていきます。

熊本で起こった大きな地震から約1ヶ月、阿蘇の観光名所となっていた『落ちない』免の石は残念ながら落ちてしまいましたが、こちらの『動かない』岩はどうなったのでしょうか?

そう、以前も行った『不動岩』です。

『不動』というからにはあれだけの地震があった後でも動いていないはず!ということで最初に向かってみました。

数キロ先からも確認できるほど巨大な岩なので、少し離れた道路から見てみると…

「お?」

山鹿1_1

「おお!」

山鹿1_2

全く動いていませんでした。さすが不動岩。

近くまで行くのは面倒なのでパス!

本当にまわるのか?〇のかざぐるま

続いては、不動岩のある山の頂上から車で30分ほどの一本松公園へ。

この公園に向かう途中、平野部を通ってる道としてはありえないほどカーブしてる道があります(ほぼ直角90°くらい)。速度の出しすぎには注意!

そんなこんなで公園に着きました。今回見たかったのはこれ、『石のかざぐるま』。

山鹿1_3

とある有名な彫刻家が作成したものらしく、驚くべきは重さが約1.5トンある羽が風速3mほどで自力で回るという点!

実際にくるくるまわってました。いやびっくり。

ただ、これ、あるバイト先で社員の人と話していたとき、「石のかざぐるま、あれ初動だけは電動モーター使って回してるらしいよ。」という話も聞きました…。

真相は分かりませんが、「自然の力だけでまわってる。」って信じてたほうが幸せな気がする。

そういえば、この公園はキャンプもできるらしい。ただ、独り身キャンプができるようなキャンプ場なのかは謎。

子供の秘密基地と落書き!『鍋田横穴群』

次に行ったのは、一本松公園から西に約15分ほど行ったところにある『鍋田横穴群』

ここにあるのは何かというと…子供の秘密基地!

山鹿1_5

そして落書き!

山鹿1_4

もちろん真っ赤な嘘です。

きちんと説明すると、これらの穴は古墳、つまり昔の人の墓であり、岩を削って描かれた絵は魔よけのために描かれたもののようです。こんな穴が確認できるだけで十箇所ほどありました。

千数百年前のものが今も確認できる形で残っているというのは、何かしみじみを感じるものがありますね…。

ちなみに、ここの古墳前には、水遊び用の公園が整備されてます。

山鹿1_6

暑かったんで少し遊びたかったんですが、通報されそうなのでやめときました。

その後はまっすぐ家に帰り、日没前に帰宅。本当に、ぷらーっといったツーリングでした。

まとめ

個人的に好きな所、気になる所を周りました。興味ない人は全く興味ないであろうところもありますし、道も、ツーリング向けの道というわけではないですw

ですが、不動岩には是非一度近くで見て、登ってもらいたいですね。10分ほどの登山としてはありえない達成感と心地よさが味わえますよw

 - ツーリング, バイク, 日常 ,