ニートの試行錯誤

『自分の経験』→『誰かの役に立つ情報』

[初心者向け]バイク免許の種類について[原付?小型?中型?大型?AT限定?]

      2018/10/21

免許r

「バイクに乗るときに必要なもの」といったら何が思い浮かぶでしょうか?

ヘルメット、ライディングジャケット…色々あるとは思いますが、まず免許が思い浮かぶ方も多いはず。無いと捕まっちゃうし・・・。

バイク免許の種類は様々で、乗ることのできるバイクの排気量等に制限があります

今回はバイクに関する免許の種類について知っておきましょう。

スポンサーリンク

免許の種類

バイク免許の種類については以下の7種類があります。

  • 原動機付免許(以下原付)
  • 小型限定自動二輪免許(以下小限)
  • AT小型限定自動二輪免許(以下AT小限)
  • 普通自動二輪免許(中型免許とも呼ばれる。以下普二)
  • 普通自動二輪AT限定免許(以下AT普二)
  • 大型自動二輪免許(以下大二)
  • 大型自動二輪AT免許(以下AT大二)

主に、『操作できるバイクの排気量の違い』や、『MT車を運転できるかどうかの違い』によって区分されています。

さらに詳しく見ていきましょう。

※MTは「マニュアル トランスミッション(通称マニュアル)」ATは「オートマチック トランスミッション(通称オートマ)」の略。MTはギアを自分でがちゃがちゃするやつ、ATはしないやつ。

免許条件一覧表

免許の種類によって様々な条件の違いがあります。

そこで、『バイクの排気量・年齢・MT車の可否』について簡単に表にまとめました。

  排気量(cc) 年齢(歳) MT車の可否
原付 ※1 ~50 16~ OK
小限 ~125 16~ OK
AT小限 ~125 16~ NG ※2
普二 ~400 16~ OK
普二AT ~400 16~ NG ※2
大二 制限無 18~ OK
大二AT 制限無 18~ NG ※2

※1 普通自動車免許等をもっていれば、50cc以下のバイクについては乗ることができます。

※2 各AT限定の免許であっても、50cc以下のバイクに限りMT車も乗ることができます。

主に排気量で免許は分けられている

排気量については、原付免許で50ccまで。小限免許(AT含む)で125ccまで。普二免許(AT含む)で400ccまで。大二免許(AT含む)で制限無しとなっています。

排気量の違いは様々な面で影響があります。どの免許ならどの排気量のバイクに乗れるのか、きちんと理解しておきましょう。

[バイク]覚えておくべきは3つ!排気量による違い[制限速度・タンデム・高速・車検・保険費用等]

免許取得は基本は16歳から可能。大二だけ18歳から

取得年齢については大二免許(AT含)以外が16歳から、大二免許(AT含)が18歳からとなっています。

ですので、16,17歳の方は最初は普二免許で我慢しましょうね。

AT限定はATしか乗れない点に注意

各AT限定の免許についてはMT車(50cc以上)は運転できません。

例えば普二ATでは400cc以下のAT車しか運転できませんが、普二では400cc以下のMT車・AT車共に運転できます。

このことから、だいたいの方は普二免許等のAT限定でない免許を取るようです。費用もそんなにかわらないですし。

※教習所に通っているときも、十数人の二輪教習生の中でAT限定の免許を取得していたのはダンディなおじさん一人でした。

まとめ

  • バイク免許は、主に『~50cc・~125cc・~400cc・400cc以上』に分けられる
  • 更に、『~50cc』以外は、MT・AT両方乗れるものとAT限定のものがある
  • 基本は16歳から取得可能。大型(400cc以上)だけ18歳以上から

ここでも主に覚えておくべきなのは上の3つ

しっかりと頭に入れて堂々とバイクに乗りましょう!

[初心者必見!]バイクの決定~免許取得・バイクに乗るまでの流れまとめ

バイクのパーツ探すなら? バイクブロスのパーツ・用品通販

 - バイク, 初心者向け, 知識