ニートの試行錯誤

*

ヘルメットロック・ホルダーについてのまとめ[比較,おすすめ]

   

ドッペルカラビナ4

いつも何かを購入する前には色々と調べて、比較しておりますが、今回はヘルメットロック(ホルダー)の比較です。

なぜヘルメットロックを購入しようとしたのかというと、バイクには標準装備でヘルメットロックが付いてはいるんですが、どうも使い勝手がよくない・・・。

[CB250Fなど]ヘルメットホルダーの使い方・使い心地・注意事項など[ヘルメットロック]

ということで、「より使い勝手の良いヘルメットロックが欲しい!」と思い、色々と調べてみました。

スポンサーリンク

ヘルメットロックは、大まかに2種類

ヘルメットロックは2種類に大別されます。車体に工具等で組み付けるものと、そうでないものです。

それぞれ紹介していきます。

※料金や商品情報は記事作成時(2016/8/1)のものです。変更される場合があるので、必ず自分で確認してください。

車体に組み付けるもの

まずは、車体に組み付けるもの。ヘルメットロックというとこちらを想像する人が多いかも。

by カエレバ

利用方法

鍵でロックの開け閉めを行い、ヘルメットのD環部分を使ってロックするものが多いです。

ただし、あご紐のD環が奥まったもの(外国のヘルメットとか)はそのままでは利用できません。そういう時は、ヘルロックアシストやワイヤーケーブルを利用しましょう。

by カエレバ
by カエレバ

ちなみにD環というのは、ヘルメットのあご紐についているD字の形をしたリング(写真赤枠部分)のことです。

ヘルメットロック1

固定する場所はハンドル周りやタンデムステップ周りなど様々。

利点・欠点

バイクに固定するので、持ち運ぶ必要がなく、車種専用品も多いので見た目をマッチさせやすいです。

少し面倒なのは、工具で取り付ける必要があるということ。あと、物によっては走行中にガタツキがあることも。それと、ヘルメットを取り付けるくらいしか使い道がないので汎用性は低いです。

おすすめロック(組み付け式)

C.G.Cのヘルメットロック色々なバイクに取り付けられる&他の商品より安い。約1700円。

by カエレバ

おなじみデイトナのヘルメットロック。C.G.Cよりももっと安い。約1500円。

by カエレバ

Kijimaのヘルメットロック。特定車種用なので、バイクの見た目にもしっかりマッチ。ただし、約3000円。Amazonや楽天で検索すると、他の車種のものもたくさんでてきますよ。

by カエレバ

他に、KITACOも汎用品・専用品共に幅広く売っています約3000円。

by カエレバ

 

車体に組み付けないもの

もう一つは、車体に組み付けないもの。ワイヤー状のものやカラビナつきのものが多いです。

by カエレバ

利用方法

鍵は使わず、暗証番号でロックするものが大半です。もちろんD環を通すこともできますが、フルフェイスならばチンガードの部分を回して固定することもできます。下の画像みたいな感じです。

ドッペルカラビナ4

D環を通すよりはこの固定方法のほうが安全です。

利点・欠点

車体のどこかに一端を固定するといいので、固定場所はどこでもOK。もちろん工具は必要ないです。また、鍵を持ち歩く必要がないのも楽です。

持ち運びをする必要はありますが、ヘルメットだけでなく、ジャケットなどを固定することもできますし、何かと他のことにも使えそうなので、汎用性は高いです。

オススメのロック

Cropsのケーブルロック。3桁のダイヤルロック式。ケーブルは直径4mm、30cmの長さ。ヘルメットをタンクにおくにはちょうどくらいの長さです。約1200円。

by カエレバ

ドッペルギャンガーのカラビナロック。4桁ダイヤルで使い勝手は抜群。ただし、ワイヤー部分は頼りないです。約1300円。

by カエレバ

僕は現在こいつにホームセンターで買ったワイヤーを併用して使用中。詳細はレビューしてるのでこちらをどうぞ。

上でも書いたように、頼りないワイヤー部分は、替わりの丈夫なワイヤーを使うことで改善できます約600円。ホームセンターなどにも売ってますよ。

by カエレバ

ロックカラビナの部分だけを買って、上のケーブルと組み合わせても1000円弱で揃いますよ。

by カエレバ

まとめ

  • ヘルメットロック(ホルダー)は、組み付け式とそうでないものの2つに大別される
  • 組み付け式は持ち運びが不要で見た目がマッチしやすいが、工具で取り付ける必要があり、汎用性は低い
  • 組み付け式でないものは、鍵を持ち歩く必要が無く、どこでも簡単に固定でき、また汎用性は高い。ただし、持ち運ぶ必要がある
  • 組み付け式は1500円~3000円。組み付け式でないものは1000円~1300円。

組み付け式のものも、そうでないものも、標準装備のヘルメットホルダーと比べると格段に使いやすいのは確かです。

個人的には、気軽に使うことができて汎用性、防犯性も高い組み付け式でないロック(ケーブルロックなど)をおすすめします。

友達が組み付け式なんですが、D環をロック部分に持っていくのが結構大変そうなんですよね・・・。ワイヤーケーブルを併用したらいいんでしょうけど、それなら最初からケーブルロックなんかで良いじゃんと思います。

個人個人で好みがあるとは思いますがとにかく楽になるのは確かなので、みなさんも是非使ってみてはいかがですか?

 - HOWTO(ハウツー), バイク, 初心者向け, 知識 ,