ニートの試行錯誤

『自分の経験』→『誰かの役に立つ情報』

十数年ぶりに見たドラマ『結婚できない男』が想像以上に面白かった

   

最後にしっかりドラマを見たのは中学生くらいの頃だと思うので、十数年ぶりくらいになるのかな?

ドラマ『結婚できない男』を全話見終えました。

主演の阿部寛さんが好きなのと題材が面白そうだったのでAmazonPrimeのウォッチリストにはいれてたんですけど、一話1時間で12話ってのは「ちょっと見るか~」って気にはなかなかならず。

仕事が一段落して(というか減って)時間が出来て、かつ続編の『まだ結婚できない男』が放送されるという要素が加わってやっと見ることにしました。

いざ見始めてみると、これが面白かった…。

スポンサーリンク

阿部さんがはまり役!細かい演技も加わって段々と主人公がわかってくる

主人公の顔の表情やしぐさ、言動が「あ~wこれは偏屈な人だww」ってスッと入ってくるんですよね。

阿部寛じゃなくて、偏屈な人って自然と見れたんですよ。阿部さん自身の人柄を知らなかったからかもしれないけど。

行動を細かく見てみると、医者の人が作中で言っている「頑固じゃなくて偏屈」ってのがよくわかると思いますよ。

そして、回を重ねる内にだんだんと主人公の事を理解していけたのも面白かったですね。

時代・背景の変化がはっきりわかって面白い

OPの曲、キャストが来ている服、使っているガラケー。

懐かしさやしみじみとした感じを味わえました。ま、13年前のドラマなので。

それと、作中での男性・女性に対する考え方(女は家事育児・男は仕事とか)、結婚に関する考え方(いい年したら結婚するのが当たり前とか)、犬に対する扱い(ペット?家族?)…。

「今ドラマでこの言い方したらクレームきそうだな~w」って表現が結構ありましたね。

そもそもドラマ放映時にはある程度議論されてたような問題だったのかもしれませんけど…そんな点でも時代の変化を感じ取れて面白かったです。

新作ではこのあたりどうなってるんでしょうね?楽しみです。

単純に掛け合いが面白い

主人公が偏屈なんで、周りとのコミュニケーションが普通で終わらないんですよね。

かといってあまりにも現実離れしているわけでもなく、普通にいそうなんですよこういう人。

そんな主人公に対して一般的には常識的な人たちがどう反応してどう対処するのか。そのあたりの掛け合いも面白かったです。

まとめ

いろいろ書きましたけど、単純に面白かったです。

ほどほどにリアリティあって、全体的に軽く見れて、演技も細かいし、分かりやすいし、シリアス…もある?っちゃあるし。

かなりバランスの良いドラマだなと思いました!

興味があったら是非見てみてください。2019/10/21現在だとAmazonPrimeで配信してます。

また、続編の『まだ結婚できない男』は現在放送中です。ネット配信(見逃し配信)はTVerなどでどうぞ(Amazonでも有料でエピソード配信はしてる様子)。

 - レビュー, 日常 ,