ニートの試行錯誤

*

[AnyPro]スタイリッシュなデザインでどこにも置ける!設定も簡単で快適さや時間も分かるリアルタイム温湿度計

      2017/11/15

最近、「とにかく健康だけは気をつけとこう・・・。」と意識するようになり、自分が普段生活している部屋の温度が気になり始めてきました。

以前は携帯の天気アプリで住んでいる地域の気温を確認していたんですが、どうも自分が感じる温度と違う気が。

そこで、家にあった壁にかけるタイプの温度計を使用。これはこれでよかったんですが、次は冬場の乾燥で湿度が気になる・・・!

ということで、どちらも一目で分かるように温度と湿度を同時に表示してくれる温湿度計を利用することに。

今回はその温湿度計についてインプレ・レビューしたいと思います。

[2017/11/15追記]この商品、Amazonからなくなってました。一応似たような商品は↓みたいなやつがありました。

by カエレバ

また、Amazonで『温度湿度計』と検索すれば様々な種類のものがあるので、そちらを購入してもいいかもしれません。

スポンサーリンク

商品概要

Anyproから販売されている温度湿度計です。

by カエレバ

主な特徴は、大きな文字での温度・湿度表示、時計表示、快適な状態かどうかを示すアイコン表示、24h/12h表示、摂氏/華氏表示対応、床置き・壁掛け対応などです。

価格はAmazonで\980(税込、2017/04/06現在)。

包装・内容物・大きさ・デザイン

包装

ダンボールオンリーの簡易包装。もちろんAmazonの無駄にデカイ箱に入ってましたが、実際このくらいの包装で十分なんですよね・・・w

内容物

内容物は、本体と取り扱い説明書

説明書はしっかりした日本語で書いてあって安心しました。

単4電池が2本必要ですが、付属していないので注意!

大きさ・デザイン

大きさは、縦×横×高さ=約97×95×20 (mm)。文庫本と並べるとこんな感じに。

手のひらサイズで重さも約100gなので、いろんな所に気軽にもっていけます!

デザインもiPh〇neっぽくて悪くないと思いますw

使用してみて

初期設定は簡単~温度・湿度に限れば必要なし!~

初期設定といっても、温度・湿度を表示させるために必要なのは単4電池を2本入れるだけ。

後のカバーを開けて、電池を入れるとすぐに温度・湿度が表示されます

時計合わせの方法は説明書に記載してあるのでそちらを参照してください。説明書どおりにすると簡単にできると思います。

ちなみに、時間の12時間/24時間表示と温度の℃(摂氏、Celsius) °F華氏、Fahrenheit) はうしろのボタン(時間『は▲』、温度は『C/F』)で切り替えることができます。

逐一測定!リアルタイムの温度・湿度表示

嬉しいのが、逐一温度・湿度を測定・表示してくれること。

説明書を見てみると10秒間隔で測定・表示してくれるようです。

実際に加湿したり暖房をつけてみると、それに伴い湿度・温度も上がっていったので、きちんと測定できているようです。

また、仕様によると測定誤差は温度が±1℃(10℃~40℃、それ以外は±3℃)、湿度が±5%(50~70%及び20~26℃の時、それ以外は±8%)のようです。

だいぶ誤差があるように思えるかもしれませんが、他社の製品をみてもだいたいこんなもんですね。

実際に他の温度計(シンワの温度誤差±1℃のやつ)と見比べてみると、ほとんど同じ値を指していてので安心しましたw

見やすい!分かりやすい!いろんな所に置ける!

大きい文字でデジタル表示してくれるので、温度も湿度も分かりやすいです!

基本的に自分から1m以内の距離においているんですが、その距離内なら時計の表示も確認することができて、一台3役をこなしてくれています。

また、時計表示の下にあるアイコン。これは現在の温度・湿度下の環境が人にとって快適かどうかを示すアイコン(画像赤枠内)です。

この写真ではニコニコ顔のアイコンなので、快適な環境であることを示してます。

ちなみに、このアイコンの条件は以下の画像の通り。

湿度が50%以下だと乾燥を示すアイコン、70%以上だと湿潤を示すアイコン、温度が20~26℃で湿度が50~70%のときが快適を示すアイコンです(温度が20~26℃以外で湿度が50~70%の時はアイコンなし)。

要するに、「温度はできるだけ20~26℃をキープして、湿度が50%以下つまり(><)のアイコンなら加湿、70%以上つまり(><;)のアイコンなら除湿して、(^^)のアイコンを目指しましょう!」ってことです。

※僕が今利用している加湿器のレビューはこちら

設置の仕方も2通りでき、僕はスタンドを出して机の上においているのですが、背面のフック用の穴を使えば壁かけにすることも可能です

商品説明ではマグネットで冷蔵庫などにも貼り付けられるとありましたが、試したところできませんでした。残念!

それと、今まで記録した最低および最高温度・湿度を表示してくれる機能もあります(正面下の丸いボタンを押す)。使いどころが限られそうですが・・・。

まとめ

  • サイズは縦×横×高さ=約97×95×20 (mm)重さは約120g(電池込)
  • スタンドで平面上に置いたり、フックを使って壁掛けもできどこにでも置ける(マグネットは利用不可?)
  • 初期設定は時計合わせだけで簡単
  • 10秒間隔で温度・湿度を測定してくれるので、リアルタイムで現在の環境が分かる。測定誤差は一般的な範囲内
  • 温度・湿度を大きく表示してくれるので見やすく、時間も表示するのでこれらの情報を1台で管理できる
  • アイコン表示で今の環境が快適かどうかが分かりやすい

やはり、温度・湿度共に具体的に分かるといろいろと便利です。

理想的な温度・湿度に調整しやすいことはもちろんですが、同じ温度・湿度に対する自分の感じ方で「あ、今日は体調悪いのかな?」なんて推測もできます。

価格も約1000円とお手頃ですし、とりあえず1台もっておいても損は無い商品かなと思います!

by カエレバ

 

 - HOWTO(ハウツー), レビュー, 日常 , ,