ニートの試行錯誤

『自分の経験』→『誰かの役に立つ情報』

さすが定番!トラックボール初心者をも虜にする『SW-M570』をレビュー!

   

僕の初トラックボールである『SW-M570(M570t, M570)』

1ヶ月使用してみたところ、すっかりトラックボールの虜になってしまいましたw

そんな魅力のある『M570』について、使ったからこそ分かる情報について主にまとめました

スポンサーリンク

簡単な概要と仕様

PC周辺機器メーカーの大手ロジクールから発売されているトラックボールマウス。

「とりあえずトラックボールならコレ!」という定番商品で、Amazonランキングでも1位常連。

以下、簡単な仕様。

  • 本体サイズ : 145(L) x 45(W) x 95 (H)
  • 本体重量 g : 142
  • レシーバーサイズ : 14.4 x 18.7 x 6.1
  • センサー方式 : レーザー
  • 解像度dpi : 540
  • 対スピード性能 インチ/秒 : 最大20
  • 総ボタン数 : 5
  • スクロールホイール : 有
  • 使用電池 : 単三形 x 1
  • 操作距離 : 最大10 m
  • 無線方式 : アドバンス2.4GHz
  • 接続I/F : USB

出典:Amazon | LOGICOOL ワイヤレストラックボール SW-M570 | ロジクール | マウス 通販

※本体サイズはcmで、縦×高さ×横(L×W×H)。レシーバーサイズはmm。

見た目、サイズ感、重さ

デザインは黒みがかったグレーのマウス本体にボールの鮮やかな青!シックな感じで良い!!

見た目はかなり大きく、iPhone7にそのまま厚みを足したような感じ。

なので、握ってみると手のひらから指先までしっかりマウスに乗っかります。握るというより覆うって感じ。

これがまた手を置くだけでとても自然な手の形になって落ち着くんですよね・・・。

そのおかげか1日使ってても腕が楽です。

重さは142gと重めで安定感抜群。通常のマウス操作ではびくともしません。

セットアップなど

非常に簡素な説明書の通りにするだけでセットアップは完了。

これだけで使えるようにはなります。

・・・が、サイドボタンの設定をしたり(最初は『進む・戻る』が設定されてる)、マウスのポインタ速度を独自に弄ったりするにはドライバーが必要です。

マウス側でも「電池残量があるかどうか」は分かりますが、ドライバーだと「あと電池が何日もつか」まで分かります。

画像の通り付属の電池だけで1年半ほどもちます。凄い。

※ドライバー等はこちらからダウンロードできます→『ロジクール公式サイト

ちなみに、レシーバーはマウスの電池部分に内蔵することが可能です。

ボール操作性、クリック・スクロール音、ボタン配置

早速操作してみると、ボールの滑りはばっちり!

クリックの打感やホイールを動かした感覚はしっかりはっきり。

なので、クリックやホイールの音は総じて大きめ(特に最初の方のホイールは少しきしむような音がしていました。使ううちに直りましたけどね)。

手はこれ以上ないほど安定していて楽なので、ボール操作やクリック・ホイール操作は安定してできます。

ボタン配置の関係上、

  • 中指:右クリックとホイール
  • 人差し指:左クリックとサイドボタン

となるのが少し変な感じがしましたが、慣れたらどうということありませんでした。

初めての人にオススメできて、そのまま使い続けられる優秀なトラックボール

  • iPhone7に厚みを足したくらいの大きさで、重さもあり安定している
  • 手を置くと自然な感じがして、そのおかげで1日使っていても腕が楽
  • セットアップは簡単ですぐに使えるが、ドライバーを入れて弄くるのがオススメ
  • 付属の電池だけで1年半ほどもつらしい
  • 操作はスムーズ。クリックはしっかりしていて音も少し大きめ

僕自身が始めてのトラックボール体験だったわけですが、この『楽』な感じには驚きました。

最初こそ操作に慣れず「辛い・・・これなら普通のマウスのほうが良い・・・。」と思ってましたが、使い慣れるとあら不思議。

「普通のマウスよりトラックボールの方が楽!!」という感想にw

※トラックボールに早く慣れるための方法については↓の記事で紹介しています。

辛い時間を短く!トラックボールの操作に早く慣れるためのポイント

価格は5,000円台とマウスとしてはお高めですが、1日パソコンで作業する人にとっては充分その価格分の価値はあると思います。

僕もほぼ1日中パソコンの前でカタカタやってますけど、マウスを操作するときに腕を動かさないで良いって思ってる以上に楽ですよw

また、トラックボールの特性として狭いスペースで膝の上でも布団の上でも使えるので、職場でも自宅でも充分活躍してくれるはずです!

※トラックボールが初めての方へ、トラックボールがオススメな理由は↓の記事で!

マウスの不満はトラックボールで解消!トラックボールの快適な点と残念な点

おまけ:『M570』と『M570t』と『SW-M570』の違い

Amazonでもこの3つが発売されてますが、ぶっちゃけ本体は変わらないようです(M570とM570tは同じ仕様と明言。M570tとSW-M570は仕様を確認したところ変更なし)。

変わってくる部分は『価格』と『保証期間』でしょうか?

※確認できたものでSW-M570は1年保証、M570tは3年保証、M570は保証なし。輸入版はどれも保証なし・・・

ですので、価格と保証期間のバランスを見て自分でどれが良いか決めるといいと思います。

※ちなみに、保証期間中に返品交換を申し出るであろう原因の第1位であるチャタリング(シングルクリックのつもりがダブルクリックになったりするやつ)は、マウスの分解&接点復活スプレーで2000円弱でもなんとかできるようです。

 - パソコン, レビュー