ニートの試行錯誤

*

『クマ看板・流れの速さ・独特の風景・セイコマ・・・』真の北海道ツーリング開始![北海道4日目_2018]

   

北海道ツーリング4日目!(初日はこちら3日目はこちら

やっと北海道に上陸!今日からが真の北海道ツーリングです!

今日の概要はこちら↓

スポンサーリンク

小樽市街地から約5分!市場に隣接した『いち乃屋』で朝飯

9時ごろにホテルを出発し、まずは朝飯を食べにバイクで約5分の『鱗友朝市』へ

前日深夜、コンビニ店員さんに「どこか朝飯食べれるところってないですかね?」と聞いて教えてもらった場所です。

朝市とつくだけあって、メインは市場。

小さい市場ですが魚介や加工品が安く売ってあり、周って見るのもなかなか面白かったです。

で、端っこのほうにご飯屋さんが2つくっついています。

その内の1つ『いち乃屋』へ。

「北海道にきたならまずは海産物だろ!」ということで、バラちらし丼を注文。

いろんな魚のぶつ切りに、いくら・カニがのった丼みそ汁・とろろがプラスされて1500円!

醤油もなにもかけなくても、魚介のうまみだけで充分!うまかった!!

札幌を越えていざ富良野へ!クマ看板と流れの速さはさすが北海道

朝飯を食べ終えたら、小樽を後にして東にある『富良野』に向かいます。

とりあえず名前は知ってるあの『富良野』です。北の国からは見てないですけどw

札幌近辺はただの都会で走っていて全く楽しくないので、高速を使って三笠ICまでワープすることに。

高速を走っていると、札幌を過ぎたころからだんだんと「あ、北海道っぽい」と思える風景もちらほら。

インターを降りた後、富良野までは軽い山越えルート。

このあたりから、道端に『クマ出没注意!』の看板を見かけるようになりました。

しかも実際に出没した所だときっちり日付も添えてある

やっぱり出るのか・・・クマ。会いたいけど会いたくない・・・。

しかし一般道なのに車の流れが速い!

60km/h以下で走る車なんてまずいないw

「60km/h制限とは一体・・・?」って感じになってきましたけど、自分も走っている内に

「そもそも北海道の土地の広さに合わせた道路なのに60km/h制限のほうがおかしいんじゃねえか?」

って思ってきましたw

そんなことを考えながら2時間ほど走ったところで、休憩もかねて『三段の滝』へ。

駐車場から歩いて5分ほどで見れる滝ですが迫力がすごいw

北海道の自然の片鱗を見た感じですね・・・。

富良野に到着!北海道らしい風景を見まくる!

約30分ほど走って、やっと富良野に到着!

そして到着してすぐのこの風景!

まっすぐ続く道とだだっ広い農地が広がる感じ!

これだよ北海道に求めていたものは!!

が、更に北海道っぽい風景があるようなので、そこへ向かいます。

それが『かみふらの八景』の一つ『パノラマロード江花』

うーんこの本土ではなかなか見られないまっすぐな道路・・・。

そして10分くらい居たにも関わらず一台も通らない車・・・。

まあただの道だし、主要道路じゃないんでそんなもんなんでしょうけど、「これが北海道だな・・・。」なんて思っちゃいますよねw

次は丘が連なる風景を見に『北西の丘』へ。

なだらかな丘がいくつも重なって、それぞれの農地の状況に合わせて色も変わって・・・

『パッチワークの丘』なんて紹介されてましたけど確かにそんな感じ(写真だとわかりにくいですけどw)。

こっちは駐車場や展望台もしっかり整備されてます

中か韓か分からないけど団体さんがめっちゃきてましたw

このあたりで腹が減ってきたので、すぐそこの売店で『あげいももち』を食べる。

初めて食べたんですけど、いもともちが合わさったほどよい食感と少しの甘さがあっていい!

甘めのたれをつけると、みたらしの亜種みたいになってそれもまたいい!好きな味や!

小腹を満たし、次は『就実の丘』へ。

お得なセールのお知らせ

現在、Amazonで『サイバーマンデー』楽天で『楽天スーパーSALE』と呼ばれる年末セールが行われています。

通常価格から最大数十%割引されていたり、ポイントが最大数十倍ついたりと、とにかくお得なセールです。

普段欲しかった商品がある方は、セールが終わる『12月11日(火)の午前1時59分』までに買うことをオススメします!

Amazonの『サイバーマンデー』を見るにはこちらを押してください

楽天の『楽天スーパーSALE』を見るにはこちらを押してください

ここは丘に通じる道が完全にジェットコースター。

そこで会ったライダーいわく、「『ジェットコースターの道』と紹介してある所よりこっちの道の方がジェットコースターの道っぽい」らしい。

ちなみに、周りを見渡すと『丘、畑、牧草地・・・』が山の裾野まで広がってます。

こんだけ農地が広がってる空間見たことなかった・・・そりゃあ食料自給率も100%上回りますわ・・・。

北海道を支配する『セイコーマート』と『ホクレンSS』

このあたりで15時近くになったので、ぼちぼちキャンプ場の方角に向かいます。

その道中で、北海道を支配するコンビニ『セイコーマート』初来店。

トイレにヒーターがしっかり設置されているところにまず驚き。九州じゃみたことねぇ。

この日は正直暑かったのでソフトクリームを購入。

しっかりセイコマブランドで、値段も100円とお安い。

お安いだけでなく、しっかり牛乳の味がして旨い。さすがだ・・・。

このあたりでガソリンも減ってきたので、これまた北海道を支配するガソリンスタンド『ホクレンSS』で給油

ちょうど、ライダーフラッグの販売(1本150円)をやってたんでもちろん購入!

『道北・道央・道東・道南』と色が分かれていて、このレッドは道央限定。

「これはコンプリートするしかない!」旅の目標が1つ追加されました。

快適なキャンプ場に、地元居酒屋と地元温泉

その後はこの日の宿泊地『日の出公園オートキャンプ場』へ

キャンプ場に隣接する丘には広大なラベンダー畑・・・、が!時期が過ぎててラベンダーなし!

それでもいい風景でしたけどね!

キャンプ場はテントにバイクが横付けできないのは残念ですけど、フリーサイト広いし設備も綺麗で揃ってるしコンビにも近いしでよいキャンプ場でした。

テントを設営した後は、キャンプ場受付の人にきいたオススメの店へ夕飯を食べにいきます。

最初は『増屋』っていう定食の店に行ったんですがまさかの定休日!まじかよw

あとは焼肉と焼鳥と選択肢があったんですが、「鳥が食べたい!」ということで焼鳥のほうの店『火の鳥』へ。

外装から分かる、明らかに地元民向けの居酒屋。

正直、最初入ったときは居心地悪かったんですが、少しずつ店主さんや店の常連さんと話して打ち解け、最終的にはいろいろと地元話が聞けたんで面白かったですw

ちなみに料理のほうは、『焼鳥』といいつつ鳥を一本焼いた『焼鳥』。

まさに外はカリカリ、中はジューシーな一品。

味は塩コショウでシンプルでしたがこれが旨い!

一人だとこれだけで結構腹にたまりましたw

飯を済ませたら、次は近くの『フラヌイ温泉』へ。

宿泊・立ち寄り湯どちらもできて、雰囲気は地元の温泉って感じ。

お湯は茶色のナトリウム泉で、ぬるめなんでゆっくり浸かってました。

ロビーでも、お茶や水を無料でもらえてゆっくりできます。

仕方なく洗濯をしに行ったコインランドリーでの出会い

疲れも癒やせたのでキャンプ場に戻り「洗濯でもして明日の計画でも立てるか・・・」と思ったら4機ある内すべてが使用中!

しかたなく、街のほうにあるランドリーへ。

すると、熊本から車で走ってきたという高専の2人組と遭遇。

なんと、下道オンリーで3日でここまで来たらしいw

「え、それ日程的に行けんの?」と思って話を聞くと、

基本早朝から夜遅くまで走りっぱなしで観光地は1日に1箇所行くか行かないか、でなんとか・・・」

とのことw

この後の予定も聞いてみると、「今から道の駅に行って車中泊して、朝6時くらいにはまた出発する」らしい。

ちなみに、この時点で22時近く。

洗濯が終わるまでは30分、道の駅までは30分で最低1時間はかかるから、長くても6時間くらいしか寝れない・・・。

「タフすぎる・・・これが若さか・・・。」なんて思いながら計1時間近く、おしゃべりで洗濯の時間潰しをしてました。

そんな感じで洗濯を済ませて、22時半ごろにキャンプに戻り、軽く明日の計画を立てて就寝!

こうして無事、北海道をまともにツーリングした1日目(4日目)が終了しました。

本日のまとめ

  • 小樽で朝早く朝飯食べるなら『鱗友朝市』はあり
  • 札幌は高速使ってスルー推奨(観光したいなら別)
  • 一般道はかなり流れ早いので注意!クマにも注意w
  • 富良野あたりから、『まさに北海道!』みたいな景色を拝める
  • 『セイコーマート』と『ホクレンSS』は絶対お世話になる
  • 地元の店に入ったりして初対面の人と交流するのもなかなか楽しい

~北海道ツーリング4日目の全行程~

  • 総走行距離:224km
  • 使ったお金:6,204円

5日目はこちら!(作成中)

↓その他キャンプツーリング関連はこちら↓

4泊5日868km!南九州ツーリング総まとめ。時間あたりの走行距離や1日あたりの平均使用額は?[余裕が大事]

5泊6日,1199km!四国キャンプツーリング総まとめ。各日の概要や走行距離、時間、見所などなど[2018]

初心者でもできる!準備から実行まで!キャンプツーリングに関する総まとめ[バイク,ソロ]

 - ツーリング, バイク, , , , ,