ニートの試行錯誤

*

本土最東端に近づくにつれて美しく・厳しくなる自然を満喫![北海道7日目_2018]

   

北海道7日目!(初日はコチラ6日目はコチラ

ついに北海道最東端、というか本土最東端にいくどー!

きょうの概要はこちら↓

スポンサーリンク

セイコマで驚きの惣菜を発見!不思議な感覚のとうきび茶

この日は気持ちの良い晴れ!

やっぱりこういう日にどんどん走って行きたいですよね!

が、布団の魔力には抗えずにホテルを出たのは9時ごろ。

とりあえずの目標として本土最東端の納沙布岬を目指していきます。

出発して1時間ほどのセイコマで朝ごはん。

いや、コンビニでこんなプラ容器で茶碗蒸し売ってる所ってあります?w

正直嬉しいですけど!旨いし!

それと、気になって買った『焼きとうきび茶』を飲んでみる。

お茶自体はすっきりした味なんですけど、うっすらと焼きとうもろこしの焦げたような甘い匂いがして、不思議な感覚になりますねw

ハルニレの木はたしかにいい風景!だけど・・・

その後は、すぐ近くにある『ハルニレの木』へ。

うっすらと聞いたことがあり、本を見てたら「多くの人が撮影に来る」らしいので行ってみることに。

それがこちら。

河川敷の中にぽつんと佇んでる大木!

いい風景ですね~

そして人と比較すると分かるこの大きさ!!

ん~ただ近くまで行くにはそこそこ歩くな・・・

バイク降りてまで行かなくていいかな・・・歩きたくないし・・・w

自然のままに近い海岸線と草原の風景

ハルニレの木を後にして、更に東へ。

1時間もかからずに太平洋側の海が見えてきました。

しかし、海岸線がずーーーーーっと続いてますね!

そして陸側は草原がかなりひろーーーーく続いてますからねw

これだけ平地があるなら建物が立ち並びそうなもんなんですけど・・・

こういう風景があると「やっぱり北海道は違うなー」って思いますよね。

風景も良いけど豚丼もいいぞ。※ただし肉はケチるな

そのまま海岸線を進んで、『道の駅 しらぬか恋問』へ。

この道の駅は海沿いにあって尚且つ海面と高さがほぼ一緒w

そしてこんなさわやかな景色が左右になっがーく続いているといういい雰囲気の道の駅です。

景色ももちろん良いんですが、お目当てはここの豚丼。

道の駅弁1号に認定されたものらしく、是非食べてみたいと思ってました。

で食べてみたら、甘めのタレで豚もやっぱり旨い!それは満足!!

ただ、ケチって肉3枚にしたおかげでご飯に対して肉が足りませんでしたw

肉はケチらないようにしようね!

もはや『雨季のサバンナ』。日本最大の『釧路湿原』

ご飯を食べたらまた東へ。

途中で、日本最大の湿原『釧路湿原』の細岡展望台に寄り道。

以前、四国ツーリングの帰りに阿蘇の湿原に寄ったとき「あれ、湿原ってこんなだっけ?」と思ったので、日本最大はどんなもんかと気になったんですよね。

ところどころ未舗装な道を進んでいって・・・

たどり着いた展望台からの風景がこちら。

いや、圧巻ですね。

スマホのカメラじゃ表現しきれないです。

湿原の草原の中を釧路川が蛇行しながら下っていくこの風景。

草原部分だけ切り出したら「これ雨季のサバンナだよ」って言っても通じるんじゃないかな?ってくらい。

ダイナミックな湿原を見れて満足して寄り道終了!

北海道ネコに初遭遇。王者の風格

途中で休憩したセイコマで、ついに北海道第一ネコ(二匹)に遭遇。

キリッとした耳長ネコに・・・

王者の風格、ライオンネコでした。

かっこいいやんけ・・・。

天気が怪しくなるにつれて体温も怪しく・・・

その後も快調に飛ばしてたんですが、根室半島に近づくにつれて天気は曇りに。

そのおかげで、体は冷えまくりでその場で出来るガチ冬装備をしても寒い始末。

まだ8月だぞ!嘘だろ!?

耐え切れずに『道の駅 スワン44ねむろ』でコーヒー休憩。

ここは風蓮湖のほとりにある道の駅で、タダで望遠鏡をのぞいて対岸を観察できるのが嬉しい!

北海道はこんな感じで無料で望遠鏡とか双眼鏡置いてるところ多いよね。ありがたいわ~。

湖をぼけっと眺めつつ体温をある程度回復させたら、再び東へアタック開始!

根室市街地に到着!市街地の外は厳しい自然が迫る

30分ほどで根室市街地に到着。

よく北海道関連のニュースで根室って聞きますけど、こんなに遠かったんですねw

こんな風にして走るまでは「北海道は九州より広いっていっても大したことないやろ」って思ってたんですけど、実際走るとアホみたいに広いんだもんなぁ・・・。

そりゃあガソリンも減るわってことで、町のガソリンスタンドでしっかり給油。

※ちなみに、さらに東にある『モービル歯舞サービスステーション』で給油すると『日本最東端給油証明書』がもらえます!

市街地を出るとすぐに自然の厳しい風景が広がります。

相当風が強いんでしょうね、木の背丈が低い&斜めになってましたw

風も吹くし、雲だけでなく霧もでてるから寒い!寒いよ!!

小樽からはるばる680km、ついに・・・

が、そんな厳しい環境を乗り越えて・・・

やっと本土最東端に到達しました!

小樽からはるばる680km!遠い、遠いぞ!

九州民にも分かりやすく説明すると、九州の北端『新門司』から九州の南端『佐多岬』までが436km。

福岡市から京都市までがだいたい650kmです。わかるかなこの遠さw

それだけの距離を走ってたどり着いたんでもちろん嬉しい・・・!

嬉しいんですけど、まさかの工事中で灯台には行けず!

曇りのせいで歯舞諸島もうっすらしか見えず!

ご丁寧に霧までかかっていたので、展望台もほぼ意味無し!

散々だよwもうちょっと良いロケーション用意してくれよw

まあ、日本最東端の証明書が貰えましたし、

最東端ネコにも会えたんで良しとしよう!(避けられてるけど・・・w)

1時間=60kmで計算できるのが北海道!

今日の目的は果たしたので、次は宿泊地に急ぎます。

宿泊地の『別海町ふれあいキャンプ場』までは約70km。

「今17時で「18時20分までには着きます」って言ったけど・・・大丈夫だな!」

って感じで走ってみたら、実際なんとかなるのが北海道の凄さですねw

まあ制限速度の60km/hで1時間走れば60km走れるから当然だよな!

特徴あるフリーサイトに、『あの』ジンギスカン!?驚きの連続

なんとか時間までに着いてテントの設営。

ここのフリーサイトは特徴的で、なんと元グラウンドゴルフ場。

そのおかげで、バイクもテント横にとめられるのでありがたいですね!

テントを設営した後は、キャンプ場横にある徒歩4分の『べっかい郊楽苑』へ。

ここは風呂も食事も可能なんで、かなり助かります。

まずはお腹が減っていたんで食事から。

メニュー表の中で一際目立っていた『鹿(!?)のジンギスカン』を注文。

臭みもないし味噌風味の甘めの味付けがしっかりきいてる!

肉も柔らかいし、おいしいかったです!

お皿が北海道の形してるのもまた可愛くていいですねw

食事を楽しんだ後は、ゆっくり温泉を満喫。

風呂上りにはコーヒーを飲みながら休憩所でテレビ見てダラダラ。

なんてしてたら閉館時間が近づいてきたので仕方なくテントに戻ります。

が、テントに戻るも特にすることはなし!

明日の予定をかるーく立てて、22時半ごろに早めに就寝しました。

本日のまとめ

  • セイコマは茶碗蒸しも売ってる。パックでw
  • ハルニレの木はいい風景だけど、歩いて近くまで行くのは・・・
  • 太平洋側の海が初めて見える時はなかなか絶景
  • 『道の駅 しらぬか恋問』の豚丼は肉3枚だと少ない
  • 釧路湿原は展望台から見るべき!もはやサバンナ
  • 曇ると激寒。防寒はしっかりしていこう!
  • 良く聞く根室はかなり遠い。市街地の周りは自然がいっぱい
  • 本土最東端に到達!だけどロケーションが最悪www
  • 1時間=60kmで計算できるのが北海道
  • 鹿のジンギスカンもおいしいよ!

~北海道ツーリング7日目の全行程~

  • 総走行距離:320km
  • 使ったお金:5,702円

8日目はこちら!(作成中)

↓その他キャンプツーリング関連はこちら↓

4泊5日868km!南九州ツーリング総まとめ。時間あたりの走行距離や1日あたりの平均使用額は?[余裕が大事]

5泊6日,1199km!四国キャンプツーリング総まとめ。各日の概要や走行距離、時間、見所などなど[2018]

初心者でもできる!準備から実行まで!キャンプツーリングに関する総まとめ[バイク,ソロ]

 - ツーリング, バイク, , , , ,