ニートの試行錯誤

*

『休憩や気分転換にYoutubeを2~3時間だらだら見るのをやめよう』の原因と対策[今日の雑記]

      2019/02/25

今日は比較的良く行動できた一日だったけど、最後の最後でやらかした。

『Youtubeでだらだら動画を見始める』という後で一番後悔するパターンのやつ。それを2~3時間。

もちろん見た後に時間を無駄にしたことを激しく後悔したので、ちょっと原因と対策を考える。

スポンサーリンク

そもそもなんで見始める?

そもそも最初のきっかけは、休憩中やあまりやる気がない時に見ようとすることが多い。

「よっしゃ!Youtube見るぞ!!」

気合をいれて見始めることなんてまずない。

要するに作業なんかで気力をそこそこ使ったあとに見てる。

動画を見るだけなら気力なんてほぼほぼ使わないので最初に見るときのハードルが低いし、見たら見たで何かしら感情の起伏が起こるから気分転換もしやすいってことなんかな。

そして、なんでだらだら見続ける?

で、だらだら見続けるのはそもそも気力をそんなに使わないので見続けることができるってのもあるし、休憩として考えると気力の回復量と消費量が微妙に拮抗しててほぼほぼ回復してないんじゃないだろうか?

なんで、『時間がたっても次の作業に取り掛かれるほどの気力まで回復できない→長時間だらだら見続ける』ってことにつながるのかな。

それと、もう一つ思い当たるのははyoutubeの「関連動画やオススメ動画を表示、自動再生する」機能

その動画に関連した、またはその人に対するオススメの動画が出てくるので、見たら面白いのは見る前から分かる

更に、UI的に選びやすい位置に置いてるし自動再生までしようとしてくるから次の動画に移行するハードルがかなり低い

そうしてろくに気力回復もできないまま、かといって特に何も得られないまま、「さすがにもう見るのやめないと・・・」と思いつつどんどん時間を消費していくのだ・・・

対応策

「このままYoutubeを見るとどうなるか?」を心に刻む

できるならこれが一番。

「見ても特になにも得られない」「見た後に絶対後悔する」「そもそも休憩にならない」

の3か条を心に刻んで、見ようとしたら頭に思い浮かべる事。

Youtubeを見るハードルを上げる

アプリをスマホやタブレットにいれていたりブックマークしているならそれを消去して、少しでもyoutubeを見るのを面倒くさくすると、見るためのハードルが上がっていいかも。

時間や動画で区切る

気分転換になるのは確かなので、どうしても見たい場合は

「動画1つだけ」「5分だけ」

と、とにかく区切って視聴をやめる。

学校や職場の休憩時なら区切りやすいんでいいんですけど、休日なんかには特に意識しておくといいかも。

区切ったときについ見そうになったらさっきの3か条を思い出してとにかくブラウザやアプリを閉じよう。

まとめ

  • Youtubeは見始めるハードルが低い上に何かしら感情の起伏が起こるのでつい見てしまう
  • そして、見続けるための気力があまり必要ない上に感情の起伏が続くので見続けてしまう
  • ただし、特に目的もなくダラダラ見たところで特に得られるものはない
  • これらを頭に入れて、そもそもYoutubeを休憩や暇つぶしに選ばない
  • 見るにしても、最低限動画や時間等で区切って見る

Youtubeのオススメや関連動画をずっと見てて、「おっ、これほんとに面白い!」って動画が見つかる宝探し的な感覚があるのは否めないですけど、結局これってギャンブルと一緒ですよね。大抵外れるけどときどき当たらせて沼に引きずり込むみたいな。

Youtubeをだらだら見終わった後「あ~いい時間過ごした~」と思うことは皆無「あ~無駄な時間過ごした・・・この時間があれば・・・」という後悔しか生まれないんで、今回書いた事を心に刻んで生活してこうと思います。

 - 雑記