ニートの試行錯誤

『自分の経験』→『誰かの役に立つ情報』

『結果→モチベ→努力→結果・・・』の中で起こる地獄ループ[今日の雑記]

      2019/03/15

『EDF4.1』面白いからみんなもやろうね!(PSPlusで配信中だぞ!)

スポンサーリンク

テンプレ期待外れで勉強と金の必要性を感じる

今日は久々にブログに時間を割いた一日だった。

まずはワードプレスで気になってたナレッジベースのテンプレート(Wikiみたいなブログデザイン)を試してみたけど、自分のイメージ通りには全くといっていいほどならず。

「これ既存のものをいじくるにしてももう少し勉強しないとあかんな」

ってことでとりあえず保留。

有料テンプレートも考えたけど金がね・・・金が・・・。

とにかく自分を褒める?

そのあとはこの前行った車検の記事を整える。

ある程度の形は書いてたんで、すぐに投稿できる形まで持っていけるかと思っていたんだけど詰めようとするとどうしても時間がかかってしまった。

で、こんな感じで少しでも時間がかかると頭のどこかで「もう少し上手くやって時間短縮できないか?」っていつも考えてしまう。

実際のところ手段や慣れでより時短はできるのは事実なんだろうけど、この考えが先行しすぎてそれまで頑張った自分に対しての労いや褒めの思考が基本浮かばないのが辛い。

そのせいで記事がしっかり仕上がるまでは

「苦労してるわりには報われてる実感が薄いただただ辛い作業→モチベが上がらない」

になっちゃってる感じもする。

今までが『望みどおりの結果が出たときにだけ褒める』・・・というより『望みどおりの結果が出たら安心』だったからそもそも自分を褒める土壌が育ってないんだろうな。

長期的な努力には『モチベの安定=自分への定期的な褒めや労い』は絶対必要だろうし、その努力をしていかないと自分が最終的にしたいことは何もできない気がするので、とにかく自分を褒めていくようにしよう

地獄ループ

ただ、自分を褒めようとするときですら「これで褒めていいのか?まだやらないと褒めるに値しないんじゃないか?」って気持ちはあるのも事実なんだよなー。

『モチベがあるだけ努力できる→努力によって結果が得られる→その結果に対して褒めることでモチベが得られる→モチベがあるだけ努力が・・・』

このループの『その結果に対して褒めることでモチベが得られる』で、自分の望む結果が高すぎる(高すぎた)事が続いたせいで気軽に褒められないし、かといって無理に褒めたところで心の底では「でも大したことじゃないしな・・・」って思ってる部分がある。

そしてモチベは下がるし、それでできる努力もたかがしれてるし、そして自分の望む結果には到底追いつけなくてさらにモチベは下がっていくという地獄ループが始まる。

無理にでも変えるしかない

って考えると望む結果が高すぎるのが今の所の原因なのか。

それを改善するために「目標を細分化しろ」「ステップバイステップ」なんて頭では分かってんだけどなあああああ!!!

今までの目標との差が大きすぎて、小さい目標達成したところで充実感が小さすぎてモチベ上がらないってのもあるんだよな。

カフェイン取りすぎてたらもう少量のカフェインじゃ全然覚醒しねぇみたいな。

・・・そんなこといったって今の状態で今後生きていったところで色々と継続できないことはハッキリと分かったんだから変えるしかないんですけどね。

 - 雑記