ニートの試行錯誤

*

[おすすめ]メインでも使える!ワンタッチ自動開閉折り畳み傘をインプレ・レビュー[BeryKoKo]

   

前回、メイン傘がないという話で、BeryKoKoさんから長傘を提供していただきインプレ・レビューを行いました。

その時ちょうど、折り畳み傘の話も頂いていました。

折り畳み傘といえば、日常の突然の雨対策はもちろん、旅行先、ツーリング先などあまり荷物も持ちたくない場所でも活躍してくれる存在です。

そんなこんなで、「あればいいなぁ…。」と思っていたこともあり、折り畳み傘も提供していただけることにw

ということで、今回はその折り畳み傘についてインプレ・レビューしていこうと思います。

スポンサーリンク

商品概要

BeryKoKoから販売されている折り畳み傘です。

by カエレバ
  • ワンタッチで開閉ができる
  • 骨にグラスファイバーを採用
  • J型(鉤型)の持ち手

などが特長の商品です。

傘収納時の全体の長さは約39cm、直径は約5.5cm、傘を広げた際の全長は約76cm、直径は約121cm。重さは503gです(全て実測値、重さはカバー収納袋を含まない)。

価格は、Amazonで2,980円(税込。2016/11/16現在)。

商品レビュー

見た目・各仕様

見た目は普通の折り畳み傘ですが、持ち手は折り畳み傘にしては珍しいJ型(鉤型)です。

収納袋には『BeryKoKo』のロゴが入っています。

portable_umbrella1

傘のとめ具はマジックテープ式。

portable_umbrella2

持ち手部分には大きく押しやすいワンタッチ開閉ボタンがついています。

portable_umbrella3

ちなみに、傘が閉じている状態でこの開閉ボタンを押すと…

portable_umbrella4

このように一瞬で傘が展開されます。そして、もう一度ボタンを押すと…

portable_umbrella5

これまた一瞬で傘を畳んでくれます。あとは自分で親骨(シャフトとも、傘中央のごつい骨のこと)を押し込めば元通りです。

骨の数は長傘の骨数として一般的な8本。

また、グラスファイバーは骨全体に使ってあるわけではなく、骨の端(2分の1ほど)の風の影響を受けやすい部分に使われているようです。

portable_umbrella6

 使い勝手・撥水など

降水量1~2mm、風はほぼ無しの日に10分ほど利用してみました。

berykoko%e9%95%b7%e5%82%986

早速ワンタッチ開閉で傘を開いてみましたが、感動します。便利すぎw

昔ながらの折り畳み傘のあの一つ一つ骨を開いて・・・固定して・・・ってのが嘘のようです。

これなら突発的な雨にもすぐに対処できます。

そのまま雨の中を歩いてみました。

傘直径が約120cmと充分にあるので、ズボンや靴に直接雨が降ることはありませんでした。

それと、このまえ相合傘をする機会があったんですが(男とだけど…)、2人とも雨に濡れることなく使えました。

また、骨も8本&先のほうはグラスファイバーなので、通常の長傘に負けないくらいしっかりしています。

重さについては、折り畳み傘でありながら通常の長傘と感覚的には一緒ですw要するに、気にならない程度の重さです。

撥水性はどんなもんかと見てみましたが、そこそこ撥水していました。

portable_umbrella7

何度か傘をばさばさ振るとこんな感じに。

portable_umbrella8

あらかた水滴は落ちていました。このくらい落ちれば充分でしょう。

使用後はもう一度開閉ボタンを押して傘を閉じ、親骨を縮める・・・のですが、この親骨が結構力を入れないと縮んでくれませんw

ほんとに力の弱い方だと結構苦労するんじゃないかな?ってくらいの力はいるので、ここだけは気をつける必要があります。

最後に、個人的にこのワンタッチ開閉折り畳み傘が一番力を発揮するのは車の乗降だと思います。

車に乗る時は自分の体だけ車に入れて、ドアの外でワンタッチ収納。傘の布部分が小さいので車のシートもあまり濡れずにすみます。

車から降りる時はドアの隙間から傘だけさしてワンタッチで開いたら、自分はまったく濡れずにすみます。

いやこのワンタッチ機構を考えた人すごいなぁ・・・。

1年間に2回までの交換保証付き

さらにこの折り畳み傘、条件付きではありますが1年間の交換保証サービスがついています。

その条件というのも、えらくざっくり言うと『自然故障』であることというものなのでかなり良心的。

少し詳しく言いますと『あまりにも高頻度に使ったり、改造しちゃったり、取り扱いを間違えたり、要するに自分のせいで壊したらダメ』ってことです。

例としては、あまりにワンタッチ開閉できるのが嬉しすぎて何度も開いたり閉じたりを繰り返して壊れちゃったりしたらダメってことです!

しかも、この保証が2回までOKってことですからいいですよね!!

・・・これもしかして壊れやすいってことじゃないよね?

まとめ

  • 傘収納時全長は約39cm、直径約5.5cm。広げた際の全長は約76cm、直径は約121cm。重さは503g(全て実測値)
  • 骨は根元から半分までが鉄?そこから先がグラスファイバー
  • 骨の数は8本。通常の洋傘と同じ
  • 持ち手は折り畳み傘では珍しいJ型(鉤型)。巻きとめ具はマジックテープ
  • 開閉はワンタッチでかなり便利。最後の親骨収納がけっこう力がいる
  • 持ってみた感覚では、通常の長傘と同じくらい。折り畳みとしては重いが傘としては普通
  • 直径120cmの傘なので、ズボン等に雨が直接降ることはまずない
  • 撥水性については、最低限の撥水性はあり

結論からいいますと、この折り畳み傘は『買い』です。

ぶっちゃけ、手持ちの傘はこの折り畳み傘1つだけでいいんじゃないかなと思います。普通の長傘なんていらなかった。

問題になるのは、『折り畳み傘としては収納サイズが大きいこと』、『収納時に意外と力がいること』くらいではないでしょうか?

これらが問題になりそうにもない方は、とにかく買ってみてその便利さを体感していただきたい商品です!おすすめ!!

by カエレバ

 - レビュー, 日常, 知識