ニートの試行錯誤

*

[おすすめ]コスパ良し!サイドボタン・DPI調節機能付きの格安無線マウスをインプレ・レビュー[Qtuo]

   

みなさん、パソコンに使うマウス、どんなものを使っていますか?

僕はデスクトップとノートパソコンを持っているので、デスクトップは有線マウス、ノートパソコンは無線マウスと使い分けてました。

ちなみに使っている(た)マウスは下の2つ。

by カエレバ
by カエレバ

デスクトップで使っているマウスの方は、見る人が見れば「あっ、こいつアレやってたな・・・。」って分かるマウスですねw

・・・が、ノートパソコンで使っていた無線マウスがぶっ壊れてしまい、代わりに適当な有線マウス(↓のやつ)使ってました。

by カエレバ

マウスの性能は申し分ないんですが、やっぱりノートパソコンに有線は合わない。ケーブルが邪魔。

ってことで、Amazonで販売されていた格安の無線マウスを利用してみることにしました。

1ヶ月ほど使用してみたので、簡単にレビュー・インプレしたいと思います。

スポンサーリンク

商品概要

『Qtuo』から発売されている無線マウスです。

by カエレバ

主な特徴は、

  • 程よい大きさ、握りやすい左右非対称の形(右手用)
  • 自動節電(スタンバイ)機能
  • DPI設定を簡単にかえられる

です。

価格は、Amazonで\959(2016/12/15現在)。

ちなみに、『マウス』カテゴリの売り上げランキング1位です。

商品レビュー

内容物について

内容物は取扱説明書と本体の2つ。

取扱説明書には日本語もきちんと記載されているので安心です(怪しい日本語ですけど)。

見た目、寸法、重さなど

見た目は、約1000円という安さを感じさせないものになっています。

左サイドのゴムラバーに2つのサイドボタン。

 表面のホイールボタンの透明なホイールと黒いゴムラバーの組み合わせや、その下に付いたCPI(DPIの間違い?)ボタン盾と剣をモチーフにしたようなアイコン、左右非対称の、人間工学に基づいた形などなど・・・。

寸法についてはだいたいメーカー公表値通りと考えて構いません。

縦×横×高さ=10.4×7.1×3.9(cm)です。

ノートパソコンの持ち運び用バックにもすっぽり入るサイズです。

重さは電池込で91g気にならない重さです。

設定方法

まずは、下の写真の青枠部分のカバーを外して電池をいれましょう。単3の電池ならなんでもOK。

次に、Bluetoothレシーバーを取り出します。レシーバーは写真の赤枠部分に入ってます。

レシーバーをPCのUSBポートに挿したら、後はPC側が勝手に設定してくれますので、ちょっと待っておきましょう。

こんな感じで表示がでてきたら設定完了です。簡単ですね。

握り方、フィット感など

まずは持って(握って)みた感じだと、つまんで持つような感じと、かぶせてもつ様な感じを合わせたようになりました。

※参考までに、僕の手の長さは中指から手のひらまで8.5cm、手首まで10.5cmあります(手首から中指の先まで19cm)。

親指や薬指、小指を各所についたラバーや段差がしっかりと支えてくれるので、「マウスを握る」という感覚はあまりないです。「マウスに手を被せる」という感じ

個人的には、頑張って握る必要がないので楽に感じます。

各ボタンの押し具合・音、各機能

各ボタンは共通して、しっかりとしたクリック感に結構な音がでます(商品説明に静音とかあるけどそれはないw)。このあたりは好みでしょうが、個人的には好きですね。

各ボタンとその機能に関しては、通常の右・左クリック、ホイールボタンに加えて、サイドボタン(2つ)とDPI調節ボタンがついてます。

サイドボタンはデフォルトでブラウザ等の『進む・戻る』に対応しており、かなり便利です。個人的にはこれは必須。

DPI調節ボタンについては、調節することでPC上のマウスカーソル(矢印のやつ)のスピードが変わるボタンだと思ってもらえれば結構ですこの価格帯でDPI調節ボタンがついているのはなかなかないと思います。

マウス側で5段階に変更することができるので、ちょっとカーソルスピードを変えたい時に便利ですね。

マウスのトラッキング性能については、マウスパッドはもちろん、フローリングや机を保護している透明のシート(デスクマット)越しでもカーソルは飛ばず、充分でした。

気になる点(1ドット単位の移動)

通常使用の範囲では、コスパに優れ非常に使えるマウスだと思います。

ただ、少し気になった点は、非常にゆっくりと動かしたときのカーソルの追従性です。

マウス側ではもうアイコンが動いているはずなのに、PC側では動いてくれません。また、少し自分の思っている方向とは違う方向に行くことも。

特に、マウス側が低DPI、パソコン側の感度が高めのときには頻繁に感じました。

ですが、マウス側を高DPI、パソコン側の感度を低めにすることでほぼ違和感がないくらいになります。

といっても、通常使用している分にはまず気付かないくらいの問題です。例えば、FPSゲームなどで、非常に細かい動きを高レベルで求められるような人には気になるかなというくらい。

まとめ

  • 安さを感じさせない見た目、寸法や重さも丁度よい
  • 設定も、単3電池を入れて、レシーバーをPCに挿すだけで簡単
  • 『握る』というより『被せる』だけでよいフィット感がある
  • 各ボタンを押した感触は、しっかりとしていて、尚且つ結構な音が出る
  • サイドボタンにDPI調節ボタンと、便利なボタンが付いている
  • とくに、簡単にカーソルスピードを変えられるDPI調節ボタンは、この価格帯としては珍しい
  • 通常使用では気にならない程度だが、非常にゆっくりとしたマウス移動をした場合、カーソルが追従しない

端的に言って、このマウスは『買い』だと思います。

握りやすさやフィット感の良さ、程よい大きさ、便利なサイドボタン類、充分なマウス性能、安い価格・・・申し分ない条件が揃っています。

正直、単にFPSゲーム等を楽しむだけならこの無線マウスでも充分です。

有線マウスを使っている方、今使っている無線マウスの調子が悪くなってきた方など、試しに使ってみてはいかがでしょうか?

by カエレバ

 - レビュー, 日常, 知識 , ,