ニートの試行錯誤

*

ニートが就職・転職サービス『ミイダス』を使ってみたらどうなるのか。無料登録してみた[簡単,適性チェック]

      2018/10/20

MIIDAS(ミイダス)会員登録プロモーション

「あなたの本当の価値を見いだす」という文句にほいほい誘われて、『ミイダス』に無料登録しました

学歴や職歴などの情報を入力するだけで企業から自分へのオファーが届いて、想定年収が分かる』。

・・・これをニートがやったらどうなるか。興味があったんでやってみました。

スポンサーリンク

名前や住所は入力しなくてOK!リアルタイムで企業数やオファー年収が分かる

早速、↓のリンクから無料登録をやってみました。

MIIDAS(ミイダス)

『プロフィール(性別・生年月日・住んでいる都道府県、学歴)、職務経歴、実務経験、語学・資格』などを聞かれますが、氏名や具体的な住所は登録する必要がありません。

※実際に面接などする場合は氏名や住所は入力する必要があります。

情報を入力する間にも、『選考条件に合致した企業』や『類似ユーザーのオファー年収』、『面接が確定したオファー』の数字が変動していくのが面白いです。

で、簡単に『現在の市場価値』というのがでてきます。

あれ?案外オファーあるし年収実績もありますね・・・?

無料登録後は様々な条件でのオファー検索や、『適性チェック』ができる

『ミイダスに登録してオファー内容を見る』を押して無料登録します。

ここで入力するのはメールアドレスとパスワードだけ。だいぶ簡単です。

登録が終わると、就業場所や最低年収などの条件を変更できるようになり、その条件に合ったオファーを見ることができます。

職種は指定してないですが、面接確約で年収350以上の企業が全国で数十個あってちょっとびっくりしました。

ニートでこれとは・・・これが売り手市場か?

企業に検索された回数なんかが分かるのもおもしろいですね。

さらに、無料登録後の特典に『ミイダス適正チェック』というのもあって、百問弱の質問に答えて仕事に関する総合的な適正を見ることもできます

早速やってみた結果、事務職以外の適性が全て5以下とは・・・これは暗に社会にでるなと言われている・・・?

なお、細かい所でいうと事務職以外では支払審査(金融)が適性7でした。ウシジマ君になれってことかな?

上司として、部下としてのタイプも分かって、僕は上司としては権限委譲型が7、部下としては素直従順型が7で最高でした。

これは予想通りでしたね。

そしてストレス要因はどちらも高め。やっぱりストレス感じやすいんですねー。

と、こんな感じで適性チェックがかなりしっかりしていたので、無料登録でこれができると考えるなら悪くなかったです。

※ちなみに、PCでは適性チェックの結果をまとめて1枚のPDFにもしてくれます。

まとめ

  • 氏名や具体的な住所を入れなくて良いので気が楽
  • 登録もメールアドレスとパスワードだけでよいので簡単
  • ニートでも面接確約オファーが結構あるのにびっくり
  • 無料登録で適性チェックを受けることができる

氏名や住所を入れなくても良いってのは気軽でいいですね!

更に、『流れで必要な情報入力→メルアドとパスワードだけで無料会員登録』というのはこちらの負担が少なくて楽でした。

で、案外場所や職種を限らなければ普通に一人暮らしできるレベルの給料を出してくれる会社がいることにビックリ。

既卒数年ニートでこれですからね。やはり売り手市場になっているのか・・・。

それと、適性チェックで職の適性が事務職以外全て5以下なのは本当に笑いました。

これはわりとマジメに「会社に来るな!」と言われている気がするので1人で頑張るしか・・・悲しいなぁ・・・。

気軽にできて案外面白いので、是非一度やってみて下さい!

MIIDAS(ミイダス)

 - レビュー, 知識