ニートの試行錯誤

『自分の経験』→『誰かの役に立つ情報』

『ベンの話』

      2019/02/16

日中10℃いかないのは寒すぎワロタ。

でもこの寒さが終われば春も見えてくるぞ!

気象庁の長期予報もそういってる。

スポンサーリンク

ベンの話

ベンって書いてるのは「さすがにタイトルで便は直接的すぎるだろ」って思って柔らかい表現にしてました。

そうです。外国人によくいる『ベン』じゃなくて『便』の話です。

自分は『腹痛・下痢を直すのにキムチ、ヨーグルトは逆効果!?約3年の闘いの中で行った方法やその結果』って記事も作ってるくらいどっちかというと便秘派より下痢派なんですけど、ここ最近便秘気味でした。

便秘じゃなくて気味なんで、「出るのは出るんだけどちょっと硬い」みたいな。

今日も便意が来たんでトイレに行って便座に座り、雰囲気的に「あ~また硬めやな」って察しつつ自然に出てくるのを待ってたんですけどまあ出てこない

「いきむのは痔とかにつながりそうであんまりしたくないんだけどな~」と思いつついきんでも出てこない。

全然出てこないんだったら出直すんですけど、ケツ感覚的には頭が出てるんですよね。

で、その頭が出た状態で止まっちゃってるんですよ。

頭は出てるけどその胴体が巨大すぎて止まっちゃってるんですよ。

『氷山の一角』の言葉を説明する時の「海の上に見えている氷山は全体の一部、実際はもっと大きい」みたいな画像ありますよね?

あの海の上が体の外で海が体の中

氷山の一角が頭で海の中の氷山が胴体

出せないし戻せない、でもちょっと出てるという状態でフリーズ。なんだこれ。

本当に岩のような硬さから便の

「僕は、出ません。」

という強い意志を感じたので「これやばいんじゃね?」とさすがに怖くなってきました

「ここで出さないとこいつ絶対出てこない・・・こいつを抱えたまま生活なんてできない・・・」

と覚悟を決めて、あの手この手()で格闘すること十数分。

なんとか捻り出す事に成功して安堵しました・・・。

便にここまで危機感感じたのは初めて。

 - 雑記