ニートの試行錯誤

『自分の経験』→『誰かの役に立つ情報』

1日のなかでONとOFFを完結するのは難しい[今日の雑記]

      2019/02/28

スポンサーリンク

ON/OFFの境目

今の自分のような生活をしていると、ONとOFFの境目が曖昧。

だいたいは学校・仕事がON、それ以外はOFFって感じなんだろうけどそれが曖昧。

「毎日の中に自分でON/OFFを作れば1日丸々休みは必要ないのでは?」と思って行動してたけど、どうも『1日丸々何もしなくてもいいOFFの日』を作らないとしっかりON/OFFは切り替えられず、OFFなのに休めた気にならないっぽい。

何もしない日

で、最近いろいろ行動したせいかあんまりやる気もなかったし、謎に腹痛だったんで「1日本当に何もしなくていいや」と思って過ごしてみた。

すると、もう基本的に布団から離れない。

布団に横になりつつダラダラ過ごして時々寝る、起きたらまたダラダラする。

大抵こんなことしてたら何もしてない罪悪感がでるんだけど、今日は何もしなくていいって決めたしいいやって感じで安心してゆっくりできた。

1日の中に詰め込むのは無理がある?

やっぱり、1日の中でONとOFFを大きく切り替えるっていうのはちょっと無理があるんかな。

体力的には1日で充分ケアできるけど、精神的にはそんなに簡単に完全なOFFには出来ない。

1日の中で精神的にOFFにしよう瞑想で頭をリフレッシュしようとしたところで、どうしても頭の中にはやるべき・やらないといけない事が残っている。

それらの頭の中に残る物を一時的に長時間追い出すのが丸1日のOFFの目的かもしれない。

起きてから寝るまで何も考えなくて良いししなくても良いっていうのは、それだけで幸せだからね・・・。

それと、長期間の努力が必要なもののガソリン補給ってのもあるのかな。

だいたい長期間の努力が必要なものっていくら目標を細分化しても成果が見えにくいし実感しにくいから、目標じゃなく努力を労うことで達成感を得てそれからの活力に回すみたいな。

とまあ色々考えたけど、1日休むって決めて休むといつも以上に休めた気がするのは確かだから定期的に自分でその日を決めて休むことにしよう。

 - 雑記