高い場所も手元もOK!コスパも良い『2WAYロングモップ』をインプレ・レビュー![サンワサプライ]

暮らし

ハウスダストアレルギーなので部屋をよく掃除するんですが、にもかかわらず本の上だったりブラインドだったりの埃をあまりとらずにいました。

が、そろそろそのあたりの埃もしっかりとるかということでサンワサプライの『2WAYロングモップ』を買うことに。

実際に使ってみてのレビュー・インプレをしていきます。

※【PR】この商品は『楽天』様に提供していただいております。なお、商品は公正に評価しています。

スポンサーリンク

商品概要

サンワサプライから販売されている『2WAYロングモップ』です。

商品の特徴は以下

  • ブラシ部分が大きい(長さ約30cm)
  • ハンディモップとして使える
  • 130cm~170cmのロングモップとしても使える
  • ロングモップの時、折り曲げても使える
  • 壁掛けフック用の穴がついている

スポンサーリンク

埃はしっかり取ってくれる

実際に使用してみましたが、埃はしっかりとってくれました。

例えば、本の上のほこり(以後、上:掃除前→下:掃除後)

オイルヒーターのひだ部分のほこり

こんな感じで、しっかり埃はとれていました。

ただし、静電気が発生しやすい場所の埃はきっちりとれるというわけでもないようでした。例えば、ブラインド部分とか

これは静電気でほこりをとるという都合上しかたないとして、おおむね埃はきっちり取ってくれています。

ロングモップは便利

ロングモップ状態にしても使ってみました。

今までは高い場所は椅子を使用したりして掃除してましたが、ロングモップ状態ならそれらを使用せずにモップ単体で掃除できます

角度も調整できるので、たいていの場所の埃はとれそうです。

ただし、モップの長さ固定やハンディとロングの切り替え方法がネジ式なので、しっかり締めておかないと使用中に緩みやすいのが難点です。

が、優しく埃をとる静電気式のモップなのでそこまで気になる部分ではなかったです。

モップの切り替え・長さや角度の調整はちょっと面倒

このようにハンディでもロングでも便利に使えるこのモップですが、これらの切り替えは少し面倒です。

例えば『長くしている+角度を変更しているロングモップ』から『ハンディモップ』に切り替えるには、

  1. ポールを回して緩めて、短くした後に再度ポールを回して締める
  2. 角度調節のネジを緩めて角度を戻し、ネジを締める
  3. ハンディモップにするためにポールとモップを固定しているネジを緩め、モップを外す

この作業が必要です。

ぶっちゃけ、1回の掃除の中でこれを何度もやってといわれると面倒くささが凄いですw

ですので、「最初にロングモップでしかほこりを落とせない場所(高い場所、手の届きにくい場所)を全てやった後、ハンディモップに切り替えて残りの場所のほこりを落とす」というように掃除箇所をグループ分けして効率的に行えば、この面倒くささは回避できそうです。

約1.3mと長いので収納場所に注意が必要

一番短いロングモップ状態で1.3m。これが想像以上に長いです。

この状態でポールについたフック用の穴を利用しようとすると、フックは約1.3m以上の高さに設置しないといけません。1.3mって高いよ?

ですので、収納場所はある程度目星を付けておいたほうが良さそうです。

ポールとハンディモップに切り離した状態で保存してもよさそうですが、そうなると次に使う時にまたポールとモップを接続して…って面倒ですからね。

水洗い時や耐久性については未知

水洗いもできるらしいですが、これは目に分かるほど汚れてから試そうと思います。

商品自体の耐久性についてもまだまだ分からないので、これらは後日分かり次第追記しようと思います。

まとめ

  • 埃はしっかり取れる。静電気が発生している部分はほどほどに取れる
  • ロングモップは椅子などを準備する必要がないので便利
  • ロング⇔ハンディの切り替え等は少し面倒なので、掃除箇所をグループ分けすると良さげ
  • 約1.3mの状態のモップを収納できる場所があるとなお良し

実際に使ってみましたが、十分に埃をとることのできるモップです。

また、切り替えが少し面倒とはいえ角度調整や高い場所も楽に掃除できるロングモップが1,000円以下で手に入るのも大きいと思います(各ECサイトを見たところだいたい1,000円中盤から)。

ただし、気軽に使える状態で収納しようとすると1.3mの高さになり、収納場所は少し考えておかないといけないかなというところです。

が、総じてみると万能に使えて値段もお手頃で良い商品だと思います。

高い所も低い所もまとめてほこりを取りたいって方にはおすすめです!

ちなみに、「手元近くの埃をメインに取りたい!収納サイズは小さいほうが良い!」って方には↓のモップがおすすめです。

約26.5cmのハンディモップとして使えるうえ、指示棒のように伸ばすことで約76.5cmまで伸ばすこともでき、かつモップ部分は角度をつけることができるので良さげです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました