ニートの試行錯誤

*

[バイク]キャンプツーリングまとめ~準備から実践まで~[道具(テント・マット)、荷物など]

   

初キャンツー2

バイクでの日本一周に向けて、キャンプツーリングの準備をいろいろとしてきました。

そして、ついに先日初めてのキャンプツーリングができたので、「道具類の準備~始めてのキャンプツーリング」までをまとめてみました。

これさえ読めば、後は準備して出発するだけ!?

スポンサーリンク

キャンプ道具について

初キャンツー3

まずは、「キャンプする道具がないと始まらない!」ということで、『テント・マット・寝袋』のキャンプに欠かせない3種類の道具の内、『テント・マット』を買いました。寝袋は家にあったもので代用。

キャンプマットについて

キャンプマットにはいろいろ種類があるので、まずはそれらを比較してどのマットを買えばいいのかを考えました。

キャンプツーリングに使うマットは何がおすすめ?その種類と比較結果

僕は発泡マット(CCフォームマット)を買うことにしたので、次は発泡マットについて比較しました。

[銀マット]キャンプツーリング用の発泡マット(CCフォームマット)は何を買うべきか?[EVAマット]

その結果、『サーマレスト リッジレスト クラシック R』を購入!

by カエレバ

実際に使ってみましたが、あると無いとじゃ大違い。マットは絶対買うべき。詳しくは下のレビュー記事をどうぞ。

[レビュー]おすすめ!キャンプ用マット サーマレスト リッジレスト クラシック R[インプレ]

テントについて

テントは『キャプテンスタッグ リベロツーリングテント M-3119』を買いました。

by カエレバ

一人で使うには充分な広さ・高いコストパフォーマンスのテントでした!今のところ言うこと無し!詳しいレビューは下のリンクをクリック!

[レビュー]キャプテンスタッグ リベロツーリングテント M-3119[インプレ]

その他用品

旅先での自炊は考えていなかったので、ローテーブルやガスバーナー・コッヘルなどは買っていませんでした。

が、今回キャンプツーリングに行き、「ローテーブルくらいはあると便利かも・・・?」という考えに。ガスバーナーやコッヘルもその内買ってしまうかもw

購入するとしたら、このあたりの商品になりそう?

by カエレバ
by カエレバ

また、テントの下に敷くグランドシートも持っていかなかったのですが、意外と地面にある枝や石がテントに傷をつけることが判明。次は絶対にもっていきます。

『キャプテンスタッグ リベロツーリングテント M-3119』にあわせるなら、これがぴったりぽいです。

by カエレバ

僕は軽トラ用のトラックシートをホームセンターで買って利用する予定です。

バイクへの荷物の積載について

バイク積載15

キャンプツーリングの時には、テントやマットはもちろん、寝袋・衣類・レインウェアなどをバイクに積載しないといけません。

どのような積載方法(どのような入れ物に入れるか)がいいのかをとりあえず考えてみました。

[初心者]キャンプツーリングにおけるメインの積載方法について[シートバッグ?ボックス?]

その結果、僕は防水バッグをメインに利用することに。

防水バッグについて

防水バッグにも様々な種類がありますした。単純な袋状のもの、細長い筒状のもの、コンテナ型のものなど・・・。

まずは、それらを比較してみました。

[比較におすすめ]バイク用防水バッグまとめ[価格・容量・固定道具・サイズ]

もって行く予定の荷物とのサイズの兼ね合いや、汎用性の高さ、更にバイクへの固定道具も付属しているということで、『タナックス MFK-051』を購入することに決定!

by カエレバ

容量も大きく、基本的には満足!気になるのは『臭い』くらい。まあ、臭いも使っているうちに取れましたけどね。詳しいレビューは下のリンクからどうぞ!

[防水バッグ/ザック]おすすめ!『タナックス タフザック60 MFK-051』レビュー・インプレ[シートバッグ]

バイクへの積載も問題なしです。積載方法は以下の記事で詳しく解説しています。

[暫定]コード・ベルトを用いたバイクへの荷物の積載/固定方法[CB250F&タフザック]

タンクバックについて

少しでも積載量を増やそうと、『タナックス スマートタンクバッグL MFK-178』も購入しました。

by カエレバ

容量は調整可能で、一番最小の容量でもレインウェア上下や財布・携帯は余裕で入りました。レインカバーも付属していて雨の日もOK。ツーリングマップルRが余裕で入るのも嬉しいですね。以下の記事で詳しく書いています。

[バイク積載・荷物]『タナックス スマートタンクバッグL MFK-178』をインプレ・レビュー[ツーリング]

リュック(ザック)について

リュックはもともと普段使いの目的で買ったのですが、一応ここでも紹介しときます。ちなみに、持っているのはモンベルの『ガレナパック 30』です。

by カエレバ

防水バッグに入れた荷物をバイクに載せて移動するときには、どうしてもリュックとタンデムシートの荷物が干渉してしまいます。その為、リュックのメインスペースにはほぼ何もいれず、ヒップポケットに財布や携帯を入れて利用しています。

リュックが特に役立つのはテント設営してから。このときは着替えやお風呂道具、貴重品などをメインスペースに入れてリュックだけを背負って移動してます。

キャンプツーリングでないなら、リュックだけで日帰り~1泊くらいまでのツーリングなら対応可能。詳しくは以下の記事で。

[montbell]ガレナパックをインプレ・レビュー[バイク・タウンユース]

初めてのキャンプツーリングについて

そんなこんなで準備も終わり、2016年5月中旬に初キャンプツーリングに行ってきました。ちなみに、キャンプをするのも生まれて初めて。

自宅からかなりの近場ですし、これをキャンプツーリング、いや、キャンプといっていいのかどうかも怪しいですが、とりあえず、もういつでもキャンプツーリングに行けるんだということを確認できました。持っていった荷物や事の顛末など、詳しくは以下の記事に書いてます。

[虫がいっぱい]初!キャンプツーリング!![楽しいな(キレ気味)]

ちなみに、初めての場合は金払ってでも芝生のサイト(テント張るところ)があるキャンプ場に行った方がいいです。森の中のサイトは初心者にはきつかったw

まとめ

今回、キャンプツーリング用に新たに買ったもの(マット・テント・防水バッグ・タンクバッグなど)の総計は約22,000円。リュックや寝袋を買ったとしても、4万円あれば充分お釣りがくると思います。

今回初めてキャンプツーリングを行ってみてわかりましたが、実際に行ってみないと自分がどんな旅をしたいのかがはっきりしません。テントは寝るだけでいいのか、自炊もしっかりしたいのか、そもそもこの先もキャンプツーリングしたいと思うのかなどなど・・・。

ですので、それを判断するためにも必要最低限のセット(マット・テント・寝袋・バッグ)を買って、一泊でもいいのでキャンプツーリングに行ってみましょう。はまれば、その道具をそのまま利用し、はまらなかったら、災害用のセットとしてでも利用したらいいですし。

僕が購入したもので必要最低限揃えるなら、約3000円くらいの寝袋を足して、16,000円くらいですね。下がその最低限のセットです。

by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ

これからバイクツーリングの全盛期とも言える季節に入るので、是非、一度キャンプツーリングに行ってみてください!

ちなみに、僕はキャンプツーリングにはまりましたんで、これからばんばんキャンプツーリングについての記事を挙げていこうと思います!お楽しみに!!

【アウトドア&スポーツ ナチュラム】

 - HOWTO(ハウツー), キャンプ, ツーリング, バイク, , 知識 , , , ,