ニートの試行錯誤

*

気軽に車内で音楽が聞ける!!!『Bluetooth(無線) FM トランスミッター』についてインプレ・レビュー[Teyimo]

   

個人的に、車での移動やドライブの際に、音楽は必要不可欠です。

自分だけだったら1人カラオケ大会をしたり、複数人いるなら話のネタになったりして場をもたせてくれます。

そんな車内での音楽、昔はCDに焼いて管理したり聞いたりしていましたが、今ではスマホがその役割を担っています。

そこで、スマホの音楽を車で流すために『あるもの』が必要になってくるわけです。

今回は、その必要なもの『BlueTooth FM トランスミッター』についてご紹介します。

スポンサーリンク

『(Bluetooth) FM トランスミッター』とは

『FM トランスミッター』とは、簡単に言うとスマホ等に入っている音楽をラジオ電波に変換してくれるもの。

そのラジオ電波を車が拾って、音楽を車内で流して聞くってことになるわけです。

そして、今回紹介するトランスミッターは、スマホとトランスミッターを有線で接続するのではなく、無線(BlueTooth)で接続するものになっています。

※最近は、車自体にBluetooth接続機能がついているものも多いので、まずは自分の車の機能を確認することをおすすめします!!!

商品概要

Teyimoの『Bluetooth FM トランスミッター』です。

by カエレバ

主な特徴としては

  • Bluetooth接続(バージョンは3.0+EDR)
  • 対応周波数が87.5MHz-108.0MHz
  • USBメモリ・microSDも可、USBでの充電も可
  • 内蔵マイクによる音声通話可能

があります。

価格はAmazonにて\2,499円(2016/12/13現在)。

内容物紹介

中身は、本体と取扱説明書です。

本体は流線型の非常にスマートな見た目。形が骨付きフライドチキンに似てる気が・・・

取扱説明書も日本語で書いてあり、詳しく書いてあるので操作で困ることはないです。

使ってみて

有線→無線になって

僕は今まで、スマホの音楽を車内で聞く際には有線のFMトランスミッターを使っていました。↓みたいなやつです。

by カエレバ

機能的には問題ないのですが、どうしてもケーブルが邪魔でした。「ケーブルどこいった?」と探すこともしばしば。ケーブル挿すのも案外面倒で・・・。

そういったことが積み重なって、最終的にはスマホのスピーカーで聞いてましたからねw

今回紹介しているFMトランスミッターは『Bluetooth=無線』ですから、そのケーブル問題が解消され、かなり気軽に、車のスピーカーで音楽を聞けるようになりました。

スマホを動かすときもケーブル気にしなくていいですし、この気軽さはかなり大きいです。

設定など

電源スイッチ等はなく、単純にシガーソケットに挿し込むだけ。エンジンのON/OFFと連動してON/OFFが切り替わります。

まず最初に周波数を合わせる必要がありますが、87.5MHz-108.0MHzまで0.1MHz刻みで対応しているので既存のFMラジオの周波数と被ることはまずないでしょう。

ちなみに、多くの車は90MHzくらいまでしかないと思うので、87.5MHz~90MHzの間でラジオと被らない適当な周波数をあわせましょう。

僕は87.6MHzで合わせてます。

青色LEDで表示された液晶やボタン表示もなかなかかっこいいですね!!骨付きフライドチキンとか言ってごめんね!

ペアリングも簡単で、トランスミッター側はシガーソケットに挿すだけで自動的にBluetoothを受信できる状態になります。

あとはスマホ側でBluetoothを起動、『X5』と表示してある機器と接続するだけでOK。

一度接続すると、以降はスマホ側のBluetoothを起動するたびに自動で接続してくれます。これもかなり楽。

音質・音量・再生/停止など

音質については、良くもなく悪くもなく。あまりノイズがのっている感じは受けません。ぶっちゃけ運転していたら走行音でよく分かりませんwww

音量も車側やスマホ側の音量をそこまで上げなくとも充分聞こえます。気になる場合はトランスミッター側でも音量調整できます。

更に、トランスミッター側で『曲送り・曲戻し』、『再生・停止』もできるので、より安全に配慮した運転もできそうです。

その他便利機能

また、スマホだけでなくBluetooth接続できるもの、例えばタブレットや音楽プレイヤー等、ならなんでも再生できます。

また、USBメモリやmicroSDに音楽データを入れて、トランスミッターに挿しても再生してくれます。

USBメモリの差込口をつかってのUSB充電も可能です。つまり、充電しながらスマホで音楽再生ももちろん可能。

電話のマークがついているボタンを押せば、電話への応答や拒否、そのまま会話もできるようです。

まとめ

  • スマホの音楽を車で聞く方法の一つとして『FMトランスミッター』を使う方法がある
  • トランスミッターが有線→無線になることで、かなり気軽に音楽を聞けるようになる
  • 設定は簡単。一度ペアリングすると、以降は自動ペアリングするのでかなり楽
  • 音質・音量は満足できるものだった
  • トランスミッター本体に直接USBメモリ・microSDを挿入しての音楽再生も可能
  • USBを使っての充電もできる。充電しながらの音楽再生も可能
  • トランスミッター側での『曲送り・曲戻し』、『再生・停止』。電話への応答・拒否・会話もできる

実は、トランスミッターを使わずに直接車のオーディオとスマホ等をケーブル接続して音楽を再生する方法もあります。

ですが、一度Bluetooth接続で音楽を聞きだすと、その気軽さには勝てなくなって、ケーブル接続なんて面倒くさくてしなくなります。これは本当。

似たような機能の商品も数多くでてますが、個人的にはこの流線型のデザインに惹かれますね。

まだお持ちでない方は、是非一度使ってみて欲しい商品です!

by カエレバ

 

 - レビュー, 知識, , ,