ニートの試行錯誤

*

バイクにも!ストームクルーザーをインプレ・レビュー[mont-bell]

      2016/06/12

レインウェア

みなさん雨の日にはどのようにして雨に濡れないようにしますか?多くの人は傘を使うでしょうが、何か作業をしたり、自転車やバイクを運転したりするときには傘をさしていられませんよね。

そんな時に活躍する雨合羽ですが、暑い日や、少し動いたりした時に汗がでて、結局水蒸気がこもって服がびしょびしょになってしまった…。なんてことはありませんか?僕も冬場(12月~1月)の河川沿いを1日数km、2ヶ月に渡って練り歩いた際に痛感しました。

今回ご紹介する『モンベル ストームクルーザー』はそんな悩みを払拭し、さらに防寒、防風もしてくれるという優れものです。

バイクでの使用感も書いているので参考にどうぞ!

photo credit: raincoat via photopin (license)

スポンサーリンク

はじめに

商品概要

日本のアウトドアメーカー、モンベル社を代表する定番レインウェア。生地にゴアテックスを使用し、高い防水・防風・透湿性を実現している。マイナーチェンジを繰り返し、少しでも良いものにしようというメーカーの熱が感じられる商品。

レビュー商品

今回は、カラーがゴールデンオレンジ/ダーク、サイズはMのものをレビュー。

ストームクルーザー全景

内容物はウェアと収納袋。買った当時、「収納袋ないやんけ!」と探していたら、ウェアのポケットの中に入っていました。

当時(2014年12月)の値段は19,980円。現在は新モデルがでているため、値段が約2,000円ほど下がっているようです。

新モデルはこちら

使用期間・環境・用途、メンテナンス

  • 使用期間は2014年12月~の約1年間
  • 使用環境は徒歩、バイクの全天候時
  • 使用用途はレインウェア・防寒着・ウインドブレーカーとして
  • メンテナンスは汚れたら中性洗剤で洗濯(1年で10回程度)

使用期間中、登山には一度もいっていないため登山での使用経験はありません!モンベルさんすいません!

インプレ・レビュー

デザイン・値段

新モデルと比較していただくとお分かりでしょうが、今回紹介するモデルは気をつけの姿勢をとった際に腕と胴体の接する部分の周辺の色が切り替わっています。

ストームクルーザー近景

新モデルに見られるように、ほとんどのレインウェアが『単色+ジッパー部分だけ違う色』といったようなデザインの中で、このデザインは貴重です。

また、このような通常とは少し異なるデザインで、尚且つゴアテックスという条件を満たすウェアの中では格段に安いというのもポイントです。

「この性能・デザインでこの価格か!」と、半ば衝動的に購入した覚えがあります。

サイズ・重さ

袖は腕を前に伸ばした状態でちょうど手首の部分まで、すそは腰骨を覆うぐらいでしょうか。ちなみに私は身長173cm体重56kgのやや痩せの体型です。参考までに。

重さは318gとかなり軽いです(収納袋込み)。

ストームクルーザー重さ

また、付属の収納袋にいれることで約22×8×8(cm)くらいにおさまります。

新書サイズのコミックと比較するとこんな感じ。

ストームクルーザー大きさ比較

この程度ならバイクでの持ち運びも苦じゃないです。

着用感

その軽さから、見た目に反して重みはほとんど感じません

素肌にあたると多少ごわごわした感じがありますが、そこまで気になるものではないです。

透湿性については「さすが!」の一言。以前冬場(12月~1月)の河川沿いを1日数km、2ヶ月に渡って練り歩くというバイトをしたのですが、安物のカッパを着ていた時には汗が内にこもってしまい、歩き終わると服がびしょびしょになってしまいました。しかし、ストームクルーザーではそのようなことはなく、歩いたあとも服はさらさら。その結果、汗による体温低下も防ぐ事ができ、一日快適でいることができました。

防風性も高いため、中に長袖の機能性インナー+薄手のフリース+ユニクロのウルトラライトダウンでも着込めば真冬でも寒くないです。

ただし撥水性能が落ちてくると、ウェアの表面が湿ったようになり、素肌に触れるとまるで濡れているかのように感じます。

バイク乗車時の色々

このウェアは袖口、裾の部分を絞ることができ、首まわりも高い位置までカバーしているので、 雨天時に走っていて水がはいってくるということはまずありません。そこそこの雨の際に60km/hほどで走りましたが、水漏れはありませんでした。ネット上では高速での使用もOKだったという話も(Yahoo知恵袋からですが…)。

バタつきに関しては、ジャケットの上に着ることが多いためパツパツになりバタつきようがありませんwフードも使わない場合は収納可能です。

防寒性も高く、これを一枚着るだけでかなり寒さが和らぎます。きちんと袖・すそ・首元を絞れば、風の侵入はないです。正直、レインウェアとしてでなく防風・防寒具として多用しちゃってますw

長袖の機能性インナー+薄手のフリース+ユニクロのウルトラライトダウン+愛用のメッシュジャケットという装備の上からでも、パツンパツンになりますがきちんと着ることができます。

約1年使用してみて

汚れるたびに洗濯していますが、今でも防水・防風・透湿性能の衰えはありません。ただし、撥水性能は落ちてきているので、厳密にいうと雨天時の透湿性能は落ちてきています。

各部の機能は問題なく使えています。ジッパーからの水漏れもなし。

まとめ

様々なレビューでも言われていますが、「買って間違いない」商品だと思います。徒歩でも、バイクでもその性能を充分に発揮してくれます。

レインウェアとしてだけでなく、ウインドブレーカーや防寒着としても利用できますので、アウトドアで色々使える快適な一着が欲しい!という方に是非オススメです。

【アウトドア&スポーツ ナチュラム】

 - キャンプ, バイク, レビュー, 日常 , ,