ひも付き蛍光灯からリモコン付きLEDシーリングライトに変えての感想[直接電源→簡易式]

ライフハック

今まで十数年ほど、自分の部屋の電気がひも付き蛍光灯(直接電源式)だったんですが、今回それをリモコン式LEDシーリングライト(簡易式)に変更しました!

この変更が生活にどのように影響するのかを書いておこうと思います。

※ちなみに、自分が購入した照明は↓です。

スポンサーリンク

光が強くはっきり届くようになった。ちらつきがなくなった

あくまで体感ですが、光が部屋の隅々まで強くそしてはっきりと届くようになった気がします。これは照明の光度によるとは思いますが…w

結構夜型の生活をしているので、遅い時間も昼間のように照らしてくれるのはありがたいですね。

また、蛍光灯特有のちらつきがなくなったのがかなりうれしいです。

スポンサーリンク

照明の操作が断然楽になった

蛍光灯の時はメインの切り替えは壁スイッチ。明かりの数や豆電球に変える時に紐を引いてましたが、正直面倒でした。

寝ている時に紐を引っ張りに立ち上がるのが面倒で紐を長くしたはいいものの、今度はその長い紐が邪魔だったり…。

現在は、壁スイッチのメインの切り替えはそのままに、リモコンで全灯、豆電球、規定の明るさにワンタッチで切り替えできてとても楽です。

切り替えが面倒でなくなり、紐も邪魔でなくなる。良いことづくめでした。

リモコンも置いておく場所決めておけばなくなることもないんで問題なし。

照明の選択肢が増えた

これは蛍光灯やLEDシーリングライトの変更によるものというより、『直接電源式→簡易式』に変更した結果ですね。

直接電源式の場合は照明をいじるにしても電気工事士の資格が必要だったので実質照明の選択肢はない(というかお金を余計に払わないといけない)状態だったんですが、簡易式なら自分で照明を簡単に変えることができるので選び放題になりました。

  • タイマー付きのもの
  • 昼光色や暖色が選べるもの
  • 照度を切り替えられるもの
  • スピーカーが内蔵しているもの
  • Alexaなどで操作できるもの…etc.

これらを商品を買うだけで試せるというのは大きいです。

カバーの中に虫が入らなくなった

これはLEDの効能ですね。カバーの中に虫が入らなくなりました。

蛍光灯時代はカバーの中に虫が入って照明を見てみるとその小さな影が…ってことが良くありましたが、今は本当に全然いない。オールクリア

カバーの中を掃除するのって地味に嫌なんでこれはありがたいです。

照明の存在感が少なくなった

単純に、同じ(もしくはそれ以上の)照度なのに外観がコンパクトになったおかげで、部屋に対する照明の存在感が少なくなりました。

気になる方にとってはありがたい部分ではないかと。

自分の場合は蛍光灯時代から照明の存在感を気にする人間ではなかったので…w

まとめ

  • 光が強くはっきり届く。ちらつきがなくなる
  • 照明の操作が楽。手元でワンタッチでできる
  • 様々な機能の照明を、自分で交換して簡単に楽しめる
  • カバーの中に虫が入らなくなる
  • 照明が小さくなるので照明の存在感を少なくできる

こんなところでしょうか?

『直接電源式→簡易式』への電気工事は3,000円台から。天井のLEDシーリングも3,000円台からあるので、合わせても6,000円台の出費で実現できる環境です。

このように費用もあまりかかりませんし、蛍光灯の生産もだんだんと終わり、LED照明の時代になってきています。

「まだ自分のところは直接電源式だ…」「自分のところはまだ蛍光灯だ…」という方は、折を見て交換してみてはどうでしょうか?

電気工事のお問い合わせはこちらからできます

↓関連したおすすめ記事↓

寝室やリビングに!天井照明のLEDシーリングライトの利点とコスパ抜群のオススメ商品を紹介!

簡単取り付けの『和風LED照明』を、スタンダードからおしゃれ・モダンまでまとめました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました