インナーシュラフを夏場の室内で断熱マットと組み合わせて使ってみた結果

キャンプツーリング(キャンプ)
スポンサーリンク

夏場に夜勤で仮眠するにあたって

「さすがに夏にダウンの寝袋は暑いわな」

ということでなんか良い感じに使えそうな寝袋を探していた所、『インナーシュラフ』というものがあるのを知りました。

もともとは『寝袋の中や外につかってシュラフをできるだけ清潔に保つ&保温効果…などなど』ってやつなんですが、

  • 生地が薄くて暑くなさそう
  • 簡単に洗える
  • 一応寝袋としても使えそう

ってことで、夏場に寝袋代わりに使ってみることにしました(断熱マット併用)。

使ってみた商品は↓です。

スポンサーリンク

洗いやすい。通常のシーツくらいですぐに乾く

洗濯ネットにTシャツいれて洗うような感じで洗いやすいです。

また、薄手ですぐに乾くのでその点でも洗いやすいです。

チャックが途中までしか開かないのは難点

このせいでどうあがいても中途半端な封筒の形になります

このあたりはチャックを全開できて布団型になるようなものが良いですね。

断熱マットとの相性は悪い?

単体使用すると思われる夏場では断熱マットとの相性は悪いです。ぶっちゃけ暑いw

また、断熱マットの上だと中に潜り込んでの寝返りやいい感じの調整がしにくいです。マットとインナーシュラフがひっかかるような感じがます。

てか、単純に断熱マットを夏に使わないほうが良い

クーラーの中での単体使用は寒い

それと、クーラーの効いた部屋で…という使い方もすこし寒い感じでした。やっぱりタオルケット欲しいですね…。

まとめ

ということで、個人的にこのインナーシュラフの使いどころは

  • 「少し暑いと感じる状況でお腹くらいはなにかかけときたい」
  • 「純粋にインナーシュラフとして使いたい」

というところかなと思います。

逆に、こんな時・状況で使わない方が良いっていうのは

  • タオルケットの代用として使う
  • 断熱マットと合わせて使う

という感じです。

また、できればチャックが全開できて布団型としても使えるもののほうが汎用性高いです。

もし、クーラーのきいた中で使うようなタオルケットの代用としてなら↓

これが良さげでした。ファスナー全開できますしフリース生地ですし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました